So-net無料ブログ作成
検索選択

アドバイザーの辞任要求!

環境省主催の各市町村の放射能アドバイザーの意見交換会で
小生は年間1mSv以下は除染しないとする伊達市の方針に
28名のアドバイザー全員に1mSv相当の
20万ベクレル/㎡の汚染度の庭先で
自分の子どもや孫を遊ばせるかと質問した。

約30%弱のアドバイザーは遊ばせないと正直に答えた。
遊ばせると手を挙げたアドバイザーの半数は
他人の様子見ながら恐る恐る手を挙げた。
自分を誤魔化したアドバイザー達・・・

多くのアドバイザーから伊達市の方針に
不公平さや住民に不安が残るとの批判が噴出。
参加した市民から伊達市のアドバイザーの辞任要求も出た。
これらのアドバイザーは
国の為のアドバイザーであってはならない。
除染の必要性は加害者では無く被害者が決めるべきだ。

昨日、主催した環境省の参事官補と
長時間の電話で話した。
このアドバイザーの意見交換会の
目指すところは何か?目的は無いか?が明確でない・・
意見交換会は単なる手段に過ぎない・・
議事録もアーカイブも無いという・・・
1回200万円も費やしているなら
もっと費用に見合った成果を出すべきと環境省に伝えた。
環境省も仕事の為の仕事をしており
被害者の福島県民の為に仕事をしていない。
単なるアリバイづくりでは困る・・・

地元新聞2紙に『福島切り捨てを許さない』
『どうして20mSv以下は被害と見なさないの?』との
全面広告が掲載された。

内閣府と県が法的・科学的根拠の説明も無く
年間20mSvまでの帰還を進めている。
国の福島切り捨てを防ぐ為にも
『福島切り捨てを許さない』と
県民が声を出し続けなければならない。




画像

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る