So-net無料ブログ作成

福島医大への勇気ある警告

【岡山大学津田教授の勇気ある警告!】  

第5回放射線と健康についての福島国際専門家会議に参加した。
IAEA,WHO、ICRP、UNSCEAR
インペリアルカレッジ、福島医大、長崎大学等からの専門家30名程度が集結。

福島医大の3名らが講演を実施した後の質疑時間に、
岡山大学の津田教授が質問(意見が多い)した。
津田教授は疫学から甲状腺多発は放射能の影響であるとの立場
『福島医大は論文を読んでいるのか?』と激しい言葉が続いた。

又福島医大は『甲状腺がんは外部被曝と関係無し』としたような、
あまりにもお粗末な論文が多い。

医大は県民側につかずに、
原子力マフィアのIAEAやICRPの傘下になってしまった。

津田教授の福島医大への勇気ある警告!
『続けてください!』の声や拍手は小生のもの・・・

長瀧長崎大学名誉教授と話す機会があり、
小生から初期内部被ばくが検証されていない段階で
結論を急ぎすぎていないか?と正したのに対し、
初期内部被ばくの問題は認識しており、
初期内部被ばく調査促進するようにお願いしていると
(詳細は時間なく聞けなかったが・・・の返事。


いろいろな意見があるとも(津田論文を意識して)。
ならば、放射能の影響は考えにくいでは無く、
放射能の影響は判断できないとすべきではないかと伝えた。


過剰診断なのか、過剰診断では無いのか?
健診を縮小すべきか、継続させるべきか・・
この専門家会議でも結論は持ち越された・・・







画像



画像



画像



画像



画像



画像

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 2

taro-u

今、目も前で起きている大問題
一般国民(周りの人たち)と話しても まったく乗ってきません
まあ 事なかれ主義というか 干渉しないと言うか
へなちょこと言うか 無関心と言うか
民主主義国家の意味合いを知らないのか
結局は 自分たちの意思で戦争を許しておきながら 
戦後は 最大の被害者面で戦後を生きてきた人たちは
本当に 懲りない人たちなんだなと 日々実感しています





























by taro-u (2016-09-28 15:07) 

ゆうゆう

taro-uさん:
日本人の事なかれ主義、無関心が今の自民党政治や官僚のやりたい放題を許しているのですが・・・どこまでも事なかれ主義の日本人は戦後のアメリカから押し付けられた教育が要因かもしれませんね??・・・
by ゆうゆう (2016-09-28 21:58) 

トラックバック 0

メッセージを送る