So-net無料ブログ作成

福島医大のデタラメ論文(3)

【福島医大のデタラメ論文に対し、本人からメールが届いた】

『甲状腺がんは外部被曝と関係無し』といった
恣意的な福島医大の論文に対し、
京都大理学博士(加藤聡子氏)や
慶応大学教授らからの反論文が学会誌に掲載された。

この反論に対し、医大としてはエビデンスをつけて
学会の場で回答するという。
甲状腺がんは外部被曝ではなく、
初期内部被曝が主な要因。

福島医大の不毛な外部被曝の議論よりも、
初期内部被曝との関連性を調査する事が
地元の医大としての責務であろう・・・
なんと情けないことか・・・・

詳細は以下ご覧ください。
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2017-02-22


以下が本人からのメール

××様(小生の名前)

ご連絡下さりありがとうございます。
今回のご意見及び慶応大学の濱岡教授からのご意見については
学術の場でしっかり回答致します。
個人的なメールにはお返事できないですが、
きちんとエビデンスを含めて学術論文としてお返事しますので、
今しばらくお待ちください。
どうぞ宜しくお願い致します。

大平哲也


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

トラックバック 2

メッセージを送る