So-net無料ブログ作成

市民と政府との交渉

2月28日に参議院議員会館で開催された。
交渉相手は内閣府、復興庁、環境省、厚労省、
原子力規制庁の若手役人たち。

20mSv帰還に関する科学的根拠の回答に期待しながら参加も、
これに責任もって答える省庁の参加が無い。

住宅打ち切り問題に関しても、福島県からの要請が無いと、
いつもの無責任な回答を繰り返すのみ。
一向に進展は無い。

20mSv帰還を決定したのは、現在の原子力規制庁で、
その妥当性を(御用)専門家を集めてコミットを与えたのが内閣府。
本件に対して責任をもつ省庁は今でも逃げ回っている無責任体制。

20mSvの数値だけが一人歩きし、これは決定事項として、
各省庁は自ら与えられたミッションを粛々と遂行し
帰還を推進しているに過ぎない。
この国の無責任、人権侵害は甚だしい。

国会でも本件に関し質問するのは
山本太郎議員を除いては見当たらない。


この交渉でほどんど進展や収穫の無い中で、
小生が個別に原子力規制庁と厚労省役人、
そして環境省の参事官補に小生の考えや要望をぶつけた事が収穫か???
名刺もゲットしたので、これから彼らを攻めるか・・・!??


昨年1月に内閣府と意見交換(交渉)した時の議事録をご覧ください。

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-02-01

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-02-14

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-02-26






画像



画像



画像

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

メッセージを送る