So-net無料ブログ作成

伏魔殿の経産省

【伏魔殿!】
~既に国民の信頼を失っている経産省~

原発事故を起こした反省も無く、
今も原発に固執する伏魔殿の経産省が
日本を破綻に追い込む・・・・

毎日平日は12:00~18:00まで
2交代で伏魔殿の経産省を善良な市民が見張っている。感謝!


【再生可能エネルギーの構成比は火力発電(石炭)を抜きトップ】
~原発コストは火力の2倍以上・・・高コストの原発はもはや時代遅れ~

世界的なエネルギーの構成比は
再生可能エネルギーが火力を抜いた。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO08806370W6A021C1000000/

しかし伏魔殿の経産省は未だに原発を諦めないで、
原発コスト(廃炉費用等)を国民に負担させようとたくらむ
経産省の詐欺と大罪・・・

高コストの原発に固執する事によって
国民のエネルギー負担額を2倍以上に増やす経産省の詐欺行為
高コスト、最も危険で、環境破壊する原発は
もはや時代遅れ・・・
日本だけが世界から取り残させていく・・・

【原発コストはウソだらけ】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2014-09-17


【有識者会議の欺瞞】
経産省等がアリバイづくりに悪用するのが有識者会議。
有識者会議の構成は政府案に賛成8、反対2の人選で構成され、
最初から結論ありきのアリバイつくりでしかない。

反対派の意見は聞くものの、最終結論には成り得ない。
国民向けの芝居を演じる為のもの・・・・
アベ野蛮内閣になってから反対派の人数の割合は絞られてしまった。

賛成8はいわゆる御用学者
この御用学者は自らの出世と名誉と研究費だけを求める
本来の真理や理想を求める学者とは程遠い人種達!


http://ch.nicovideo.jp/magosaki/blomaga/ar1128618



画像



画像



画像



画像

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

「連合」は解散せよ

連合なくとも野党連合が勝つことは
新潟県知事選挙で証明済み・・・
原子力利権集団は消えさるべき・・
民進党は連合と離れる事で
政策が一本化され、国民の負託にこたえる事ができる。
脱原発なくして民進党の躍進はありえない・・・


  ---以下たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載---



政府と一体化し原発推進に走る「連合」は解散せよ
  原子力利権集団は消え去るべき
 

◆事故直後に脱原発を阻止する活動

多くの加盟労働組合からの「上納金」と幹部の派遣で成り立つナショナ
ルセンター「連合」。基幹労働組合は自治労や日教組などの公務員労働組
合と私鉄総連やJR総連のような鉄道労組そして経団連のトップを出して
いるような大手のIT、重電メーカー、そして電力総連。

このような巨大労組が多く加盟する上部組織が「連合」だ。
以前から、電力関連労働組合の連合体である電力総連が原発推進派であ
ることは周知の事実だった。福島第一原発事故直後の電力総連の行動は驚
くべきものだった。

事故の影響でまだ15万人もの人々が避難生活を余儀なくされている時に、
民主党議員に対し、脱原発政策に反対する組織的陳情活動を行った。
ある議員は「脱原発に方向転換されては、従業員の生活が困ると陳情を受け
た」と朝日新聞に語った。民主党が当時も今も原発政策に灰色の方針をと
り続けているのは電力総連が金も人も握っているからだ。
原発事故で大量に被曝した組合員の命や生活、被災者の命や生活より
も何が大事だというのだろう。

◆新潟県知事選挙でも

「連合」が新潟県知事選挙で自民、公明が推薦する森民夫候補を支持し
たとの報道に接し、もはやこの団体の存在意義は消滅し、今後は国や原子
力ムラと一体となって脱原発を目指す自治体や運動に対して敵対行動を取
ることが明確になったと判断するほかないと考える。

労働組合の存在を否定してはならないが、ナショナルセンターとして数
多くの労働組合の上部団体として君臨し、貴重な組合費を使ってやってい
ることが、労働者を搾取し労働安全をないがしろにし、さらに加えて住民
の命や生産活動まで奪いかねない現政権の支持と原発推進を行う、
などというのでは、そもそも不当な存在でしかないことは明らかである。
「連合」も官公労組合(自治労や高教組)が力を持っていた時代は、
まだそこまで酷くはなかった。しかしいまや「身も心も」堕落してしまった
と言わざるを得ない。心ある組合は脱退するべきである。

◆労働組合の体をなさない

賃金要求闘争も長年にわたり経営側に敗北を続けてきたあげくに、安倍
首相の「鶴の一声」で賃上げがいわば「実現」してしまい、官製春闘が
「連合」の立場を喪失させた。一体今まで何をしてきたのか。組合員から
素朴に非難をされることになった。言い換えれば「労働組合です」などと、
恥ずかしくて人前に出られない体たらくということだ。

「同一労働同一賃金」は、組合のメインのスローガンだったが政府の政
策目標にされてしまった。いうまでもなく言葉は同じでも目指すべき地平、
内容は異なるのだが、ここでも労働組合の存在意義が疑われる事態になっ
たことは事実だ。
もはや労組組織率(2015年で17.4%)が喫煙率(2013年で21.6%)よりも
はるかに低い現状では、高い組合費を払うイミを理解できない若年労働者
が大勢現れても仕方が無い。

そんな地盤沈下の中での、新潟県知事選挙における与党候補応援さらに
は原発再稼動推進の姿勢を見せつけられては、「連合」の存在そのものが
市民の安全にとって有害であると言うほかない。
米山隆一氏の支援をしなかった連合と、その連合から票や資金の支援を
受けている民進党が、あろうことか自主投票にしてしまった後に、それを
押して独自に米山候補の応援に立った蓮舫代表の勇気は高く評価したい。
このあと連合から、あるいは利権を共有する民進党議員から横やりが入
るだろうが、負けずに脱原発の政策を高く打ち出すことを期待したい。
そうでなければ民進党を責任のある野党、そして政権運営の可能な政党へと
進化させることはできない。

◆連合ではなく他のナショナルセンターを

「連合」の他にもナショナルセンターとしては「全労連」と「全労協」
という団体が存在する。大きさはかなり違うが、連合よりもまともな労働
運動を展開する集まりだ。未組織労働者の組織化、派遣労働者等の権利擁
護は、労働組合の重要課題である。
「連合は要らない」と主張しても「労組無用論」を唱えているわけではないことを
付け加える。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

原発コストが安いはウソ(詐欺)だった

【原発コストが安いと言っていたのはウソ(詐欺)だった!】

~ウソに対する謝罪なしに、国民負担を強いる経産省の大罪!~

原発コストが高くつくこと。
そして原発コストが安いと言ってきた事は
ウソ(詐欺行為)であった事を経産省自らが認めたという事。

自らの失策を国民の電気料金で負担させる官僚ども!
まずは経産省役人の給料カットと
原子力マフィアの経済界からの負担が先!

こんな愚策を許してはならない・・・・
国家的な倫理の破綻で、国家的な詐欺犯罪だ。

これでは小中学生への道徳教育はできない。
文科省の意見も聴いてみたい。


以下ご覧ください。
http://mainichi.jp/articles/20161025/k00/00m/020/132000c


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

福島県の人気は1位から18位へ

東京国際フォーラムで開催された『ふるさと回帰フェアー』
地方暮らしという生き方を!という地方自治体がどんどん増えている。

今年は全国から約350の自治体が出展。
おらほの町へとPR!

2010年には人気No1だった福島県は2011年は2位、
2012年は3位、2013年と2014年には4位、
そして2015年には18位に転落。

この原因は何なのか?
原発事故や放射能だけではないはずだ・・・
2014年までは上位4位までに入っていたのだから・・・

鼻血問題や甲状腺がんに対する
福島県の対応のまずさにも原因があるのかもしれない???
福島県が実施している
風評被害対策と風化対策のちぐはぐさ
鼻血の出た県民を風評被害だといって切り捨てる福島県と政府
被害者を加害者に見立てる福島県・・・

20mSvへの強制帰還と
住宅支援打ち切りに等々
福島県に対する国民的な不信感があるのだろう・・・・



画像



画像



画像



画像



画像

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

沖縄住民への暴力は福島での構図と同じ!

【沖縄住民への暴力は福島での構図と同じ!】

ヘリパットに反対する被害者を
加害者として排除する沖縄住民への構図は
正に福島県民の県外避難者や鼻血を出した県民を
風評被害として加害者扱いにする構図と同じ!

福島県民へは住宅支援と賠償金の打ち切りという形で
20mSvの被曝強要し、
人体への放射能での暴力を加え続けている。
 
日本政府、警察の沖縄県民への暴力と暴言。
自民党政権の劣化、警察・大阪府知事・官僚と
自民党国会議員の劣化が甚だしい。  

 https://youtu.be/UdYCwVPWNS4  



【劣化した警察!】
沖縄で暴力と暴言、そして不当逮捕を繰り返す警察。
原発に反対する佐藤栄佐久福島県元知事の
『知事抹殺』の為に冤罪をでっちあげる検察と司法・・・
そして無責任な官僚と政治家・・・・・
もうこの国に北朝鮮や中国を非難する資格は無い。

http://tanakaryusaku.jp/2016/10/00014682

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

今度は内掘県政と福島県民の良識が試される!

新潟県知事選挙は原発再稼働に慎重な米山氏が
他候補を大差で破った。
良識ある新潟県民は小泉元総理が言う
経産省の大ウソをしっかりと見抜き、
原子力推進派達の金目を全否定し、
自らの命と健康を選択した。

甲状腺がん多発の主要因は初期被ばくである事、
科学的根拠なき20mSvへの強制帰還、
鼻血を出した多くの県民を風評被害として
加害者に見立てる政府や福島県の詐欺と欺瞞を、
賢い新潟県民は見抜いた。

東京オリンピックまでに原発事故が
無かった事にしたい政府は、
20mSvへの強制帰還と
住宅支援や賠償金の打ち切りと
ふくしま切捨てを始めた。

原発を推進してきたのは自民党政権だが、
未だに県民への謝罪は無い。
ふくしま切り捨て促進も自民党政権だ!
福島県民よ目覚めよう!
政府に怒りの声を届ける為にも
新潟県民に学ぼうではないか!

県内始め全国各地に避難している多くの県民の為にも、
原発事故が無かった事にしてはならない。
今度は内掘県政と福島県民の良識ある行動が試される。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

TPPは日本国民を破綻させる!

TPP批准は日本国民の生活を破綻に追い込む!
~自民党の強行採決を絶対に許してはいけない~

遺伝子組み換えの食材も国産牛肉表示も産地表示もしなくなり、
国民の命と健康が蝕まれていく。
子ども達の命を守る為にもTPPの批准はしてはならない。
医療の崩壊、水道や教育の民営化等・・・

ISD条項によって、国家を一企業が訴える事も可能・・・
憲法の上位に位置するもので、
日本国家の独立が犯されるとんでもないもの・・
憲法改正どころではない。

以下の【サルでもわかるTPP】をご覧ください。
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2013-04-07




ーーー以下は元農水大臣の山田正彦さんのFBから転載ーーー


皆さん、お願いです。シエア拡散して頂けませんか。

自民党は10月28日には、黒塗りの内容を国民に明らかにしないままに、ろくに審議しないで、TPP協定批准を強行採決しようとしています。
私は当日は朝10時から衆議院第二議員会館前に座り込致します。
条約は憲法でも国内法より上位ですので、批准されると、米韓FTAの韓国のように200本以上の法律が次々に書き換えられていきます。

遺伝子組み換え食品も、TPPでは輸入を回避することは出来ず促進するとなっています。(2章27条8項)
現在、国内では法律で表示が義務となっていますが、TPPでは8章7条では表示が出来なくなると思います。
国産の牛肉の表示も、米国ではカナダ、メキシコにWTOで訴えられてできなくなりましたがWTOの条項をTPP8章6条を準用していますので不可。

産地表示も18章33条、包装された食品に関する付属書では、9章ISD条項で訴えられたら日本政府は負けて出来なくなります。
医療も、私達が政府、自治体から受けている水道、公立学校の教育も外資の㈱に民営化されるのです。
大変なことになるのです。
米国でも大統領選、下院議員選挙での最大の争点、米国は批准出来ません。ベトナム、豪国も批准を延期致しました。日本だけ批准を急ぐ必要はありません。
皆さん、大袈裟でなく、日本の独立の危機、命をかけて闘いましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

日本の原発は世界中で最も危険!

【日本の原発は世界中で最も危険!】
~古賀茂明の応援演説から一部転載~


 「日本の原発、日本の原発はね、世界の原発の中でも特に危ないんですよ。何故こんな事を言うかというと、世界最高水準の規制だから大丈夫だって安倍さん言ってるでしょう。大ウソですからね。大ウソつき。安倍さんは大ウソつきだと、こう言いますよ。あの、名誉棄損で訴えるんだったら訴えてもらっていいです。何でかっていうと自信ありますから。いいですか、よく聞いていて下さいよ。

例えば、青森県の大間にJパワーが新しい原発を作ります。幾らだと思います?一基、今、六千五百億円位かなと言っていますよ。今度、イギリスに、日立とか何とかが行って新しい原発作りますよ。
一基幾らだと思います?一兆円を軽く超えます。フィンランドでアレバというフランスの会社が作っている原発、これも一兆数千億掛かって、アレバは今、殆ど倒産の危機に瀕しています。フランス政府が救済に入っています」

「ヨーロッパね、イギリスもフランスもフィンランドも、地震がない国ですよ。何億年も安定した地盤の上にある国です。そこで安全な原発を作るのに、一兆数千億掛かる。日本では六千五百億で作っちゃう。どうしてですか?日本は、安全基準がユルユルなんです。だから安く作れます。もうそれだけでもよく分かります。如何に日本の原発は危ないか。

柏崎刈羽、活断層があるじゃないかと議論していました。活断層の定義、十四万年前以降に動いた断層かどうかっていう基準なんですよ。十四万年前って、何故か区切るんですよね、日本は。

世界の常識は、百八十万年前から動いているか動いてないか。日本だけ短いんですよ。何でかっていうと、これをもうちょっと延ばすと、柏崎刈羽が動かせなくなっちゃうんです。その為に途中で切っちゃったんですよ。おかしいでしょ」



日本の原子力規制委員会が如何にデタラメであるか!
そして日本政府、特に経産省が如何に国民を欺いているか!
良識ある新潟県民はこの原子力規制委員会や経産省のウソを
全て見抜いていた事になる。
新潟県民に感謝!感謝!感謝!



古賀茂明氏応援演説 全編書き起こし
http://my-dream.air-nifty.com/niigata_newleader/koga.html

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

良識ある新潟県民の選択に感謝!

【良識ある新潟県民の選択に感謝!】


良識ある新潟県民は
経産省の大ウソをしっかりと見抜き、
原子力マフィア達の金目を否定し、
自らの命と健康を選択した。


甲状腺多発の主な原因は初期被ばくである事、
科学的根拠なき20mSvへの強制帰還、
多くの鼻血出した福島県民を風評被害という
被害者を加害者に見立てる
原子力マフィアや政府の詐欺と欺瞞を、
賢い新潟県民(国民も)は見抜いているという事。
良識ある新潟県民の選択に感謝!


東京オリンピックの2020年までに
原発事故が無かった事にしたい為に
20mSvへの強制帰還と住宅支援打ち切り、
賠償金打ち切りと
福島切り捨てを始めた
政府の思惑はいずれ破綻する・・・?



【ぜーんぶウソ、経産省の言ってんの】は以下ご覧ください。
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-10-12


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

政府の思惑は破綻する

【2020年までに原発事故が無かった事にしたい政府の思惑は破綻する!】

新潟県に避難している多くの福島県民の為にも、
原発事故が無かった事にしてはならない。
新潟県民・市民の力の勝利!
金目ではなく、命を選択した新潟県民の良識に感謝!

福島県・内掘県政と福島県民の良識が試される・・・
本当に良かった!
自民党と原子力マフェアの暴走を許してはならない!
この闘いは今日から始まる。
2020年の東京オリンピックまでに
原発事故が無かった事にする為に
福島を切り捨てたいとする
政府の思惑は必ず破綻する!


  ーーー以下はある方のフェースブックからーーー


米山竜一が立候補を決意したのが告示の6日前。
民進党を離党に追い込まれたのが2日前だった。
彼は「一無所属候補として、
支援してくださる仲間たちと全力で戦い抜く」と退路を断った。
これが効を奏した。
民進カラーがなくなったことで、かえって再稼働反対の旗が立てやすくなったのだ。

米山の選挙を支えた「市民の会」共同代表の磯貝潤子は、
福..島からの避難者だ。
米山陣営のボランティアには原発避難者が少なからずいる。
午後9時02分、米山に「当確」が出ると、
選挙スタッフたちと抱き合って喜んだ。
原発事故の悲惨さを知る彼女のような人物が選挙の中心にいたことで、
切迫した危機感が新潟県民に伝わったのではないだろうか。

原発避難者が新潟県に多いのは、
泉田知事が「福島事故の検証無くして再稼働の議論はありえない」と
強固な姿勢を貫いていたからだ。

森民夫が勝っていたら原発避難者らは支援を断たれ、
帰還を余儀なくされることになっていただろう。
森ゆうこ選対本部長が力を込めた。
この戦いの意味『原発再稼働を絶対許さない』その県民の意思が示された


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

泉田・新潟県知事に感謝

新しい新潟県知事選の結果は本日でるが・・・
日本中が泉田知事の功績に感謝しなければならない
東日本を救ったのは泉田知事と
菅元総理かもしれない・・・・・

以下はたんぽぽ舎のメルマガの転載


 ---以下転載ーーー


1.退任前に泉田・新潟知事語る 原点は「原発震災」体験
 「問題は東電の体質」「私がいると迷惑」
        (10月12日毎日新聞夕刊2面「特集ワイド」より抜粋)

原発再稼働に慎重な立場を取ってきた新潟県の泉田裕彦知事(54)が、24
日で任期満了を迎え、県庁を去る。4選を目指してきた「モノ言う知事」
が立候補の撤回を突然表明したのは8月下旬だった。東京電力と対峙(た
いじ)してきた原動力は何か。立候補見送りの背景には何があったのか。
退任を前に語った。 (中略)

2度の震災を経験したことで、見えたものは何か。(中略)
県は、原発と連絡がつかなかったことを重視。東電にホットラインが通
じるよう強く求め、原発敷地内に免震重要棟が設置された。(中略)
新潟県の行動は、他の原発の防災体制の見直しにもつながった。
「『免震重要棟が新潟だけにあるのはおかしい』という声が強まり、
福島第一原発にも設置されたのが東日本大震災の8カ月前。
もし、私たちが主張しなかったら、福島第一原発に免震重要棟はなかった
かもしれない」
巨大地震と大津波に襲われた福島第一原発は、免震重要棟があったため
に事故対応が続けられた、とされている。


「問題は東電の体質」

福島第一原発事故後、泉田氏は東電や原子力規制委員会との対決姿勢を
鮮明にした。柏崎刈羽原発の再稼働を目指す東電に対し「事故の検証と総
括なしに、再稼働の議論はできない」と言い続けた。
13年7月に東電の広瀬直己社長と面会した際には「安全安心と、お金、
どちらが大事なのか」との質問を突き付け、話題になった。

東電は福島第一原発の炉心溶融(メルトダウン)を隠蔽(いんぺい)し
てきたとも批判してきた。「問題なのは東電の体質。メルトダウンを隠し、
虚偽説明を続けてきた。情報を開示せず会社を守ろうとする組織では駄目。
うそをついたり、保身に走ったりする人を排除する組織でないと、原発は
安全に運転できない」。
今も東電への不信感は消えていない。

震災後の新規制基準を定めた原子力規制委に対しても「基準は原発立地
自治体の意見に耳を傾けずに作られた。
住民避難に責任を持つ機関と調整もしないやり方は初めて」と批判した。
住民避難の在り方を定めた国の原子力災害対策指針については「非現実
的」と突き放す。

問題視するのが、指針で原発から5~30キロ圏の緊急防護措置区域では
屋内退避を原則と定めたことだ。「新潟県では圏内に約44万人が暮らして
います。
事故後、放射性プルーム(放射性雲)が飛んでくる前に、(地方自治体の)
誰が甲状腺を守るための安定ヨウ素剤の配布を命令し、
誰が住民に配るのか。それに熊本地震では本震が後から襲って、
家の中に避難し犠牲になった人がいることを無視してはいけません」

住民を避難させるにしても、主要道路が損壊したり、避難用バスの運転
手が見つからなかったりするなどの問題がある。
「誰が被ばくのリスクを背負って作業に当たるのでしょうか。
一方、米国では、放射線に対応する知識や装備を備えた人に事前に宣誓書
にサインしてもらい、いざという時に現場に向かうシステムがある。
日本の対応は不十分な点が多すぎる」

「私がいると迷惑」

   (中略)

「新潟日報は毎日40数万部配られている。その新聞にうそを書かれ続け、
県の主張を黙殺されたらへこむ。理由はそれだけ。(後略)



2.安倍首相、自民党二階幹事長が泉田裕彦県知事と会談
  「自民推薦の森民夫候補を応援してくれ」(ズーズーシイ)


ついに自民党二階、安倍首相が動き始めた。彼らの戦術は圧倒的支持
のある現泉田知事を使おうとしています。
報道によれば13日、二階幹事長は12年間の泉田県政を慰労するためにと
称し、泉田―安部会談をセットした。

 1.「米山隆一を後継とするな」、2.泉田氏の後援会(地元財界、地
元企業、各種団体)を使い自民推薦の森民夫を援助しろと迫っている。
要は写真・記事を使い、泉田=自民である事、3.泉田後援会リストを
使い真の後継者は森民夫(実は泉田降ろしの張本人)である事を承認し
ろと迫った。

報道によれば自民党内には「泉田氏に何らかの“再就職先”をにおわせ、
身動きを取らせなくしたのでは」(中堅)との臆測もある。

ここまで自民・政府・森民夫陣営は焦っています。
安倍自民党に痛打を与えよう!

 ---    ----

さて結果は???


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

紅葉の吾妻スカイライン

【紅葉の吾妻小富士と釜沼 】
 
本日も吾妻スカイラインに行き、
釜沼までのミニ登山・・・
一切経山は噴火レベル2で一部の登山道は閉鎖・・・
浄土平からみる一切経山の噴火口とは別の場所(裏側)からも
噴煙が立ち上っている不気味さを感ずる・・

途中の木道上に熊?の糞らしきものが2か所あった。
浄土平はさすがに今年1番?の混雑。

途中磐梯山がくっきり・・・猪苗代湖も見える・・



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

なせば成る!~上杉鷹山公~

上杉鷹山公・・・

『なせば成る
なさねば成らぬ
何事も
成らぬは人の
なさぬなりけり』

米沢市上杉公園にて



画像



画像



画像



画像



画像

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

20mSv帰還を国会で追及せよ!

国会の予算委員会で某議員に以下をお願いした。
福島県選出議員は一体何をしているのか!!!
県議会も嘆かわしい限り・・・


福島の高線量地帯20mSvへの帰還問題についても質問してください。

『20mSv帰還を決定したのは当時の原子力安全委員会。
内閣府は専門家の意見を聴き、この提案を妥当として追随。
原子力復興本部が特別措置法に反映し法制化。
現在原子力安全委員会は解散した為、
この20mSvに関して責任を取る組織が存在しない。

福島県にも責任部門が存在しない無責任極まりない実態。
政府は2020年の東京オリンピックまでに
原発事故が無かった事にしたい為に帰還はその一環。

帰還を推進しているのは、この放射能被曝の安全性について
責任は持たない内閣府の避難者支援チーム。
彼らはこの特措法に基づいて粛々と帰還させる事がミッション。
福島県の避難者支援課も粛々と帰還させる事に専念するだけの組織・・・
福島県議会も多数を占める自民党、そして民主党すら反対しない。
反対するのは共産党ぐらいと嘆かわしい・・・』 

残された最後の手段は裁判しかない・・・??
理不尽な加害者論理の20mSvを許してはならない!
生涯で100mとしている中で
年間20mは5年で100mを超えてしまう人権侵害。

詳細は内閣府との意見交換会の以下の議事録をご覧ください。

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-02-01

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-02-25

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-02-26



以下は二本松市で開催された市民科学者国際会議の朝日新聞記事を転載。 
取材に来ていたのは朝日だけ。
一体地元2紙は何をやっているのか!

 
『 ドイツ放射線防護協会のセバスチャン・プフルークバイル会長は、
福島事故の被災者が「健康リスクを犠牲にして汚染地域に帰還するか、
避難継続による社会経済的リスクを受け入れるかという異なる問題を
一緒にして自己責任の選択を迫られている」と指摘、
「どちらを選んでもダメージを受けるのは市民で、
市民は罪の意識をもたされる」との理不尽さを批判した。

栃木県で被災者調査を続けている宇都宮大学の清水奈名子准教授は
「経済的社会的理由から汚染地帯から避難できない人々がいる。
不安から逃れるために低線量による被害はないという言説や
閾値(しきいち)存在論を信じたいという状況に追い込まれている」とし、
避難・移住の権利の保障や、甲状腺がん検査の福島県外への拡充を訴えた。

心療内科医の辻内琢也・早大教授は
「国が被災者の自己責任による帰還を推進している」とし、
帰還政策が被災者のストレスを増幅している調査を発表、
「構造的暴力による社会的虐待だ」とした。(本田雅和)』

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ぜーんぶウソ、経産省が言ってんの

小泉元首相が安倍晋三首相へ話しかけた。
以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載。


『ぜーんぶウソだぞ、経産省が言ってんの
 原発推進論者が言ってんの、みーんなウソ だまされんなよ!』
   

毎日新聞10月3日(月)朝刊に、毎日新聞記者の山田孝男氏が「トモダチ
のためだ」と題して、一文を書いている。
その冒頭部分と骨子を紹介したい。

安倍晋三首相(62)に小泉純一郎元首相(74)が話しかけている。
『週刊文春』9月29日号の写真ページ。9月15日、東京青山葬儀所。
加藤紘一・元自民党幹事長の葬儀を終えた去り際、車を待つ間、
師弟は90秒、並び立った。『文春』に出ていない音声をお伝えする。

小泉「原発、なんでゼロにしないんだよ」                                                                                      
     安倍(微笑、黙礼)
小泉「原発ゼロの方が安上がりなんだよ。こんな簡単なことが、
    どうしてわかんねえかな。ぜーんぶウソだぞ、経産省が言ってんの。
    原発推進論者が言ってんの、みーんなウソ。だまされんなよ」

安倍(苦笑、再拝。低頭のまま公用車へ)

小泉はいま、「トモダチ作戦被害者支援基金」に全力を注いでいる。
東日本大震災の直後、福島沖へ急派され、救援活動にあたった
米空母「ロナルド・レーガン」と随伴艦の兵士400人超が体調不良を訴え、
白血病などで死者も出ているという。 (中略)

7月5日、小泉は、細川護煕元首相(78)、城南信用金庫(東京)の
吉原毅相談役(61)らと募金開始の記者会見に臨んだ。(中略)

小泉はこう答えた。「私はもう政府の人間じゃない、民間人だ。
現に苦しんでいる人がいる。支援するのが私の常識だ」(中略)
元首相の常識を私は支持する。(敬称略)
以上、(10月3日毎日新聞朝刊2面より抜粋)

元首相が安倍首相へいったことば、「ぜーんぶウソだぞ、
経産省が言ってんの。原発推進論者が言ってんの、みーんなウソ。
だまされんなよ」はイミが大きい。

私たちからすれば、当然のことばであり、20数年来いってきたことばだが、
それを自民党出身の元首相で、「現首相の師」が直接いっていること
に重大なイミがある。

全国各地をまわってみると、地方の自民党員・地方自民議員や中小企業
経営者に「小泉発言はじわーと大きな影響を与えている」と実感する。
この発言と「トモダチ作戦被害者支援基金」活動は、
私たちの活動の在り方・方法論も問うていると思う。
みんなで議論し智恵を出し合いたい。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

小浜の紋付祭り・・・夜の部

小浜の4町の提灯をつけた山車が
午後8:30に藤町の坂を並んで下りてくる・・・・
紋付祭りのハイライトでもある。
花火が打ち上げられ
町内の中心地の4ッ角に4台の山車が集結し
最後に若連代表の口上がある。
『小浜の伝統を絶やさず引き継いでいく!』 

そして万歳三唱し、
たる酒を開けふるまう
恒例の小浜の伝統行事・・・

尚、小浜は二本松市にある・・・・
若き伊達正宗の居城・小浜城がある。




画像



画像



画像



画像



画像

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

市民科学者国際会議

第6回となった市民科学者国際会議は
IEAEやICRP、WHO、福島医大や長崎大学の
御用学者や原子力ロビーの学者達が
結論ありきのお祭りをする
福島国際専門家会議に対抗するもので、
公平・中立、被害者目線で討議するもの。

二本松市で開催されたので4日間の会議に参加した。
フロアの多くの参加者の意見を取りいれる等、
民主的手法を取り入れながら進行。

小生もフロアから数回質問や意見を述べさせてもらった。
又質問用紙に書いた質問にも答えてもらった。

この会議としては4日間の議論結果をまとめ、
日本政府、ICRP、国連科学委員会等に提言する事となった。

栃木県北部の高線量地域は
除染も甲状腺がんの検査も無い。
宇都宮大学の准教授が市民と一緒になって
国や自治体へ除染やがん検診等実施すべきと
闘っている姿勢に頭が下がる。

この会議としては20mSvの高線量地域への帰還は反対の立場。
日本政府や福島県、原子力ロビーの帰還政策や健康調査、
賠償打ち切りの理不尽さを、参加者全員が共有した。
その具体的対応をどうすべきか、
最終提言に盛り込む事となった。
(1か月程度かかるか??)


小生の発言の要旨は以下

20mSv帰還を決定したのは当時の原子力安全委員会
内閣府は専門家の意見を聴き、この提案を妥当性として追随
原子力復興本部が特別措置法に反映し法制化。
現在原子力安全委員会は解散させた為
この20mSvに関しての責任を取る組織が存在しない
福島県にも責任部門が存在しない無責任極まりない実態

帰還を推進しているのは、この放射能被曝の安全性について
責任は持たない内閣府の避難者支援チーム。
彼らはこの特措法に基づいて粛々と帰還させる事がミッション
福島県の避難者支援課も粛々と帰還させる事に
専念するだけの組織・・・

県議会も多数を占める自民党、そして民主党すら反対しない
反対するのは共産党ぐらいと嘆かわしい・・・


詳細は内閣府との意見交換会の以下の議事録をご覧ください。

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-02-01

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-02-25

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-02-26





画像



画像



画像



画像



画像

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

紅葉の安達太良山

紅葉の安達太良山に
年老いた母(叔母も)を連れてロープウェイで・・・

(10月7日撮影)

画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この国の政府はどこまで悪辣なのか

以下は日刊ゲンダイの一部を転載
国民は大いに怒るべきだ!
怒りが、活動の原点となる・・・
小生の5年以上の活動も東電と国、そして原子力マフィア、
御用学者等への怒りからきている・・・

詳細は以下のURLを参照ください。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190761


この国の政府はどこまで悪辣なのか。
原発の廃炉費用を国民に押しつける思惑で、有識者会議をスタートさせたことだ。原発はガンガン再稼働させて、事故の賠償金や廃炉費用は国民負担とは、いいとこ取りのご都合主義にも程がある。果たして、原発コスト計算の第一人者、気鋭の学者・大島堅一氏の怒ること――。


■廃炉費用を出せば債務超過になる東電

――経産省はこのほど「東京電力改革」や「電力システム改革」などと名前を付けて、有識者会議を発足させました。ここで原発の廃炉費用などを誰に負担させるかが話し合われるのですが、なんだか、最初に国民負担ありきが透けて見えるようです。この有識者会議設置の狙いは何だとみますか?


 福島原発事故の賠償については、原子力損害賠償・廃炉等支援機構がありますが、廃炉費用の金額は示していない。将来、発生する費用は債務ですから、必ず財務諸表に載せなければいけないのにやっていない。廃炉費用を明らかにすると、債務超過になってしまうからでしょう。

メガバンクは東電に無担保で約2兆円を融資していますが、債務超過になりそうな企業に追加融資はできない。そこで、債務超過に陥る前に廃炉費用を捻出する仕組みを先につくってしまおう。そういうことじゃないですか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

福島のこれからを考えるシンポジウム

 『福島のこれからを考えるシンポジウム』が二本松市で開催された。
原発被害者訴訟原告団全国連絡会主催。
約450名が参加した。

増子参議院議員『人間、生業、環境の再生必要』、
オール沖縄会議事務局次長中村さん
『ふくしまには未だ怒りが足りない。怒りが運動・活動の原点。大いに怒ろう!』
元福島大学学長今野さん『被害者どうしの連帯が重要』、

会津電力(株)社長の佐藤さん
『待っていても誰もやってくれない。動くのは自分しかいない!』
弁護士でコーデネータの米倉さん
『全国からの支援が必要。どう福島から情報を流すか?沖縄を見習いたい』 


被害者同志の分断ではなく
連帯を図る事によって
全国からの支援も得られる。

沖縄がオール沖縄で一つにまとまった事により
全国からの支援が得られ
今の活動ができたと・・・中村さん

原発被害者訴訟原告団全国連絡会が
あらゆる情報を全国そして世界に発信する事によって
全国、世界からの支援が得られる。


訴訟を良しと思っていない一部の福島県民をどう取り込むか?
沖縄とは違った難しさがある・・・

民進党の立場がいま一つ定まってない事が
オール福島としてまとまれない主要因だろう・・・・???






画像



画像



画像

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「もんじゅ」は国を亡ぼす!

たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載


「もんじゅ」は日本を亡ぼす!

「もんじゅ」ほど危険なものはありません。金属ナトリウムは空気に触
れると発火して激しく燃え、消すことは出来ません。
煙は空気中の水分と反応して苛性ソーダになります。
水と触れると爆発的に反応して苛性ソーダになります。
苛性ソーダは皮膚を溶かし、吸い込めば肺は消滅します。
目は見えなくなります。

「もんじゅ」は1800トンの金属ナトリウムを持っていて
原子炉と熱交換器を循環させています。
熱交換器では金属の薄いパイプの壁を隔てて
金属ナトリウムと水が共存しています。

地震でパイプが破損すれば日本は終わりです。
大爆発して一帯は苛性ソーダの雲に覆われます。
車に飛び乗って全速力で風上に見逃げるよりほか
助かる方法はありません。

敦賀一帯は苛性ソーダの雲に覆われて1800トンの金属ナトリウムが燃え
尽きるまでの数週間生物は生存できません。
炉内の核物質は全て大気に放出されます。
付近の原子炉も無人になって事故を起こします。
日本全国立ち入り禁止です。
日本人は海外の難民キャンプで嘲笑されながら生きることになります。

その「もんじゅ」は僅か600ガルの耐震基準の上で
活断層の巣である若狭にあります。
熊本地震ではM6.5の地震で1580ガルの地震動です。
使用済み燃料は僅か19000トンです。
今でも安全に保管されています。
国を亡ぼす危険を冒して減量化の研究をする価値はありません。


「高速増殖炉もんじゅとは」は以下ご覧ください。
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-09-21

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

原子力政策 3つのほころび

原発は既に破綻した技術・・・
それを継続する為に政府は更なるウソを
言い続けなければならない・・・
もう国民は騙されない
しかし、政府は国民に支持されない政策を継続している
いずれ、この自民党政権も破綻する事になる・・・
以下は東京新聞の社説の一部を転載・・



【原子力政策 3つのほころび】
発電費用安く[ない] 見積もり超過
  高速炉に夢は[ない] 再利用進まず
  ごみ捨てられ[ない] 処分場先送り


東京電力福島第一原発の事故から5年半がたち、
政府の原子力政策の問題点が再び浮かび上がってきた。
原発の廃炉費y法は膨らみ、「夢の原子炉」と言われた
高速増殖炉もんじゅの廃炉に向けた調整が始まった。
放射性廃棄物の最終処分の先行きも見通せない。
「安くない」「夢がない」「ごみを捨てられない」という現実が横たわる。
            (中略)

「安い」はずの原発は、国の保護策がないと管理できないのが実態。
立命館大の大島堅一(けんいち)教授は「上限の見えない費用があるのに、
原発が『安い』という説明は成り立たない」と指摘する。
            (中略)

核のごみの行き場がないという政策の根本的な欠陥も残されたままだ。
             (中略)
 
九州大の吉岡斉(ひとし)教授(原子力政策)は「さまざまな側面で原子
力政策が破綻しているのは明らか。
その場しのぎの延命を続けるのではなく、原子力発電をやめることを
明確にし後始末に力を入れるべきだ」と話した。 

 (9月28日東京新聞朝刊2面より抜粋)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る