So-net無料ブログ作成

若者との地元学

地域活性化には若者の参加が必須だ。
今回の地元学には、多くの??若者が参加してくれた。
大学生と高校生だ。

地元学(09.8) 110.jpg














            【大学生と高校生の発表】


若者、ばか者、そしてよそ者の視点が
地域活性化には欠かせない。
特に若者の参加が、推進の役割を果たしてくれる。
そして、若者の地元の人達への質問や提案が
地元の人達のモチベーションを高める。

地元学(09.8) 111.jpg














       【高校生達の発表を真剣に聞き入る地元住民・・】


当日3版に分かれて地元を歩いて
取材した写真や資料をもとに
大学生と高校生が主体的に
発表してくれた。

詳細は以下参照ください。
http://49981367.at.webry.info/200908/article_2.html


地元学(09.8) 115.jpg














              【高校生の発表】


翌日、取材した写真や資料を大型の地図上に明記。
この資料の作成を地元の安達東高校生5名が
夏休みにもかかわらず
手伝ってくれた。

地元学(09.8) 125.jpg














          【高校生と地元住民との共同作業】


地元の大人達では、当たり前のことが
そして、毎日見ていて新鮮さに欠ける事でも
若者達には感動を持って新鮮に映る。

地元学(09.8) 126.jpg














       【地元高校生が夏休み返上て手伝ってくれた】


この事が地元住民達への
気付きとなる。
これが地元学なのだろう。
地元学は地元を学ぶ事。

地元学(09.8) 050.jpg














           【講演会で質問する大学生】


今、この結果を踏まえて、新たな地域活性化に向けて
検討を始めた。
若者の活用が地域活性化には欠かせない。

山形県戸沢村への視察や
”山形大学最上川プロジェクト学生サポータ会議”への
参加も実現しそうだ。

夢未来いなか塾は
中学生、高校生、そして大学生達との
コラボレーションが実現できた。

そして検討開始した”いわしろ自然・文化体験塾(仮称)”には
小学生や園児達を対象に自然・文化体験をさせる。
園児から老人までが一同に集まる。

地元住民が先生となり
子供達に教える・・・
こんな自然・文化体験塾が実現できればと夢が膨らむ・・・

               ・
               ・
               ・

そして2ヵ月後に

ここに”里山自然文化体験塾”を開設した。
『里の学校』、『山の学校』、『農の学校』、『食の学校』、
『暮らしの学校』、『学びの学校』だ。
サポーターも募集中。
会員はそこで採れた山菜や野菜を持ち帰れる。
詳細は以下の『夢未来いなか塾』のHPをご参照ください。

http://inakajyuku.lolipop.jp











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0