So-net無料ブログ作成

生業裁判の判決は?

【生業裁判の判決は?】

原発事故に伴う裁判は全国で31件、1万2000人の原告。
10月10日には、全国最大の原発訴訟『生業裁判』に判決が下される。
ふるさとが帰還困難区域となった人、
県外に自主避難した人など、
立場を越えて団結した
主に福島県内のおよそ4000人の原告が、
国や東京電力の“責任”を問う注目の裁判。

最大の争点は「巨大な津波を予見し、
事故を防げたかどうか」。

東日本大震災より以前に、
巨大津波と原発への影響について調べた
“新たな資料”も見つかっている。

裁判が社会に問いかけるものとは何か・・・・??
『誰一人責任を取らない。本当に私たちをばかにしている』

その責任を明確にする為の闘いが、
これからも高裁でも続くが、負ける訳にはいかない・・



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像








nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 2

taro-u

現在日本の司法が何処を向いているのか
地に落ちた司法を相手にしなければならないつらさ
こう言う時に国際裁判所なんて手法を取れればいい

by taro-u (2017-10-05 18:47) 

ゆうゆう

日本の司法も政権に忖度ですからたまったものではないですね・・・今度の総選挙では最高裁の判事全員は不信認(×)にしましょう・・但し国際裁判所は国家間の裁判でしょうから難しいもでは・・・??
by ゆうゆう (2017-10-09 08:41)