So-net無料ブログ作成

最高裁裁判官は全員に×を!

【最高裁裁判官の国民審査では全員に×を!】

最近の司法は三権分立から乖離し、
政権を忖度する不公平な判例が目立つ!
こんな裁判官は全員×にしよう・・・

今回の国民審査に付される最高裁裁判官は、下記の7人。
その全てが、安倍内閣の任命によるものである。

 大谷直人(おおたに なおと)裁判官出身(最高裁事務総長)
 木澤克之(きざわ かつゆき)弁護士出身
  山口 厚(やまぐち あつし)学者・弁護士出身
 林 景一(はやし けいいち)行政官出身(外交官)
 小池 裕(こいけ ひろし)裁判官出身(東京高裁長官)
 菅野博之(かんの ひろゆき)裁判官出身(大阪高裁長官)
 戸倉三郎(とくら さぶろう)裁判官出身(最高裁事務総長)

結論から言えば、素晴らしい裁判官は一人もいない。
気骨のある人物も見あたらない。
比較的リベラルと評価すべき者もない。
毎回何人かは、×とすることを躊躇させる裁判官がいるものだが、
今回に限っては見あたらない。
遠慮なく全員に×をつけてしかるべきだろう。

権力に対するチェック機能の弱い裁判所の姿勢への総体的な批判として、
全裁判官に×をつけての投票をしたい。

中で経歴や任命方法に大きな問題あるのが、以下。
※2016年7月任命された木澤克之氏は、
2013年「加計学園監事」に就任していた人物。

詳細は以下ご覧ください。
http://article9.jp/wordpress/?p=9316












nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 0