So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日に新た

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお付き合いをお願いいたします。

朝日新聞の社説は
『きたるべき民主主義』
~より長い時間軸の政治を~
の見出しで掲載された。
非常に的確な論調と言える。

『アベ政権になって6回目の新年を迎えた、
しかし、政策を着実に積み上げてきただろうか
難題を正面から取り組んだとは言えまえ。
憲法改正も条項が次々変り、迷走してきた感が深い。
原因の一つは国政選挙を実に頻繁に行ったことにある。

その間年に5回の選挙
選挙ごとに政策の看板も次から次と架け替えた。
アベ政権がよって立つ時間軸は極めて短い。
度が過ぎれば民主主義の健全さが失われる、
『日本アカデメイア』で指摘されたのは
場あたり的な政策運営のあり方。
今さえよければと言う姿勢では
まだ生まれていない将来世代に
大きなツケが回る。』

詳細は以下の写真をご覧ください。


そしてPRの記事には松下幸之助の
『日に新た』とう詩が掲載されていた。
その後半部分を掲載

『     ・
      ・
      ・

 そんななかでも大切なことは
ことしは去年のままであっては
ならないということ、
きょうは昨日のままであっては
ならないということ、
そして明日はきょうのままであっては
ならないということである。
万物は日に新た。
人の営みもまた、天地とともに
日に新たでなければならない。

    【中略】

きょうに営みの上に明日の工夫を、
明日の工夫の上に、あさっての新たな思いを。
そんな新鮮な心を持ちつづけたい。
そんな思いで、この日この朝を迎えたい。』

松下幸之助「この日この朝」より


詳細は以下の写真をご覧ください。



画像



画像



画像








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0