So-net無料ブログ作成

悪の巣窟

衆議院議員会館で東海第二原発の再稼働について
経産省と市民との院内交渉に参加。

日本原電が保有する敦賀第1原発と東海第1原発は廃炉が決定
敦賀第2原発は直下に活断層があり、再稼働は絶望的。
残るは東海第2原発にも

日本原電は生き延びを図る為に
40年も経過した古い原発を
東海第2原発の20年延期を規制委員会に申請した。

日本原電を延命させる事は
他の電力会社の経営環境を厳しくさせる。
日本政府として日本原電の延命化には
何のメリットがあるのだろうか?
誰の為の再稼働なのか?

そして東海第二原発は極めて危険な原発・・
東海第2原発を再稼働させてはならない7つの理由

1.地震対策はこれでいいいのか
2.沸騰水型・マークⅡタイプの危険
3.致命的欠陥・可燃性ケーブル
4.ベントは社会との契約違反
5.首都東京まで110kmの至近距離
6.30km圏内に100万人の避難は不可能
7.再処理施設が隣接する

これらに対し、経産省は民間企業の事に対し
何らかの事が言える立場にないと
二枚舌で逃げ切る無責任!

経産省を筆頭に原子力ムラは悪の巣窟だ!

経産省前では今も交代で善良な市民・国民が
悪の巣窟を監視しながら原発反対を訴えている・・・



画像



画像



画像



画像

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 0