So-net無料ブログ作成

原発ゼロ基本法案タウンンミーテング

【原発ゼロ基本法案タウンミーテング】
   ~国会で原発コストの欺瞞の追及を~

横浜市で開催された立憲民主党主催のタウンミーチングに参加した。
約200名の市民(県民)が参加し、熱い議論が行われた。
小生も最後に確認しようと挙手したが、時間切れとなったが、
終了後に事務局長の山崎誠議員に原発コストの欺瞞を
国会で追及いただくようお願いした。

原発事故対応コストが70兆円(経済研究センター)との試算。
2013年頃の原子力委員会の小委員会(座長は鈴木達治郎さん)では
事故対応コスト1兆円増で0.1円/kwhとの試算が出されていた。

当時の原発事故コストは11兆円としていたので、
単純計算でも原発コストは約6円/kwhは増加する。
総発電量が半分(稼働率半分でも)になれば
原発コストは2倍の12円/kwhにアップ。
(当時の試算の前提は稼働率は70%。)

分母の原発の稼働率(総発電量)や原発事故発生確率をどう選ぶかで、
このコストは数倍にも、あるいは一桁以上も変わる。
是非国会で経産省の算定根拠を確認して欲しい。

原発コストが最も高いと国が認めれば、
国民や自民党議員には非常に分かりやすい。
自民党議員も原発ゼロ法案に反対できなるだろう。



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



この原発コストの資料はちょっと古すぎ!

画像












nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 0