So-net無料ブログ作成

放射性廃棄物の地層処分説明会

【高レベル放射性廃棄物の地層処分説明会】



原子力発電環境整備機構(NUMO)は、経産省資源エネルギー庁と共催で、
国が公表した「科学的特性マップ」の説明や質疑応答を通じて、
高レベル放射性廃棄物の地層処分に関する理解を深める為の説明会を開催。
参加を申し込み、以下の意見も提出した。

1.放射性廃棄物の処分方法の議論する前に以下の説明を経産省・エネ庁からすべき。

①放射性廃棄物の処分方法が決まらないうちに、なぜ原発を稼働させてきたのか?
 今までの間違ったエネルギー政策(特に原発)の緯経について経産省からの総括・反省が先。

②この問題が未解決でありながら、原発事故以降も原発を稼働させ、更に放射性廃物を
 増やしている。まずは全ての原発を止めてからこの問題を議論するのがスジではないのか?
 今の経産省のエネルギー基本計画には事故への反省も理性もモラルも全く感じない。

③この意見交換会での国民や市民の意見をどのように政策に反映させるのかが見えない。
 政策決定のプロセスを公開すべき。ブラックボックス、結論ありきが今までの経産省の
 やり方で信頼できない。 

④国(経産省)やNUMOへの信頼回復なしに、これ以上の議論は無駄。 

2.原発事故を起こした責任は経産省と東電にある。その責任に対する謝罪と
  反省がないまま、原発再稼働や新設ありきのエネルギー基本計画を策定し、
  一方で放射性廃物を国民になんとかして欲しいと言って、いつもながらの上から
  目線で説明会を開催しても国民は『はい、そうですか?』と受け入れに協力するほど
  甘くはない。
  まずは、経産省トップと総理大臣、経産大臣が反省と謝罪をし、その反省を踏まえ、
  エネルギー基本計画に反映させない限り、国民から受け入れられるはずはない。

3.説明会にはエネ庁のエネルギー政策部門の責任者が出席し、エネルギー基本計画の
  説明をすべき。エネルギー基本計画の一部に『放射性廃棄物の処分』がある。


 以下から申し込み可能です。 

https://www.numo.or.jp/taiwa/

https://www.numo.or.jp/taiwa/pdf/chirashi.pdf












nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0