So-net無料ブログ作成

モニタリングポストを継続配置せよ!

【モニタリングポストの継続配置を求める賛同団体になってください】

~住民の意見を無視する原子力規制委員会に怒りを!~

原発事故は未だに収束していない。これから100年以上(政府は30~40年言ってっているが・・・
7年経過してもこの数字は変わっていない)も廃炉作業が続く。
2020年の東京オリンピックまでには、原発事故が無かった事にしたい政府。
その一環がモニタリングポストの撤去。
原発事故を風化させてはならない。
安心・安全には見える化が重要。

******************

「モニタリングポストの継続配置を求める市民の会」 からのお知らせ。
4月16日の原子力規制委員会に対する要請書提出に向けて、 緊急の団体賛同を呼びかけています。また、呼びかけの拡散もお願いします。4月14日24:00締切りです。
~福島県民からの緊急のお願い~
モニタリングポストの継続配置を求める要請の賛同団体になってください。
皆さま、
各地でのいのちを守るお働きに心からの感謝と敬意を申しあげます 。
東京電力福島第一原子力発電所事故後、 リアルタイム線量測定システム(いわゆるモニタリングポスト) が示す数値は、いつでも誰もが、 自分たちの生活が安心できるものであるかどうかを知る最低限度の 情報となっていました。
しかし、2018年3月20日、原発事故から7年を経て空間線量 に不安はなくなったと判断した原子力規制委員会は、2020年度 末までに避難指示・ 解除区域市町村外にあるリアルタイム線量測定システム約2400 台を撤去し、避難指示・ 解除区域市町村に移設することを発表しました。

私たち「モニタリングポストの継続配置を求める市民の会」 は行動を始めるにあたり、 県内各市町村の意見書を確認したところ、 殆どの自治体が住民の不安などを理由に、 国の撤去する方針に反対または戸惑いを持っていることが分かりま した。つまり今回の撤去は、安倍晋三首相が事ある毎に発言する「 福島県民の声に寄り添いながら」から大きく乖離し、 県民の声を無視した一方的な決定にほかなりません。

私たちに保障されている「知る権利と決定する権利」を行使し、 リアルタイム線量測定システムの撤去を撤回し継続配置を求めて、 緊急要請行動を起こします。
皆さまが所属する団体も賛同団体として加わっていただけますよう 、お願い申しあげます。
モニタリングポストの継続配置を求める要請書はこちらのURLか らご覧ください。
https://drive.google.com/file/d/0Bw9-NJsCQLz9Z0Y1M0RYa1Q5dW9XTng3WjRiaWZKblIwdWRB/view


・賛同いただける団体は、 下記メールアドレスまで団体名をお知らせください。
・締め切り:4月14日(土)24:00
E-mail:monitoringpost.shimin@ gmail.com






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0