So-net無料ブログ作成

トリチウムは白血病を誘発する

【トリチウムは白血病を誘発する】

玄海原発は全国一トリチウムの放出量が多く、
トリチウムは海水、大気、海産物を汚染する。
さらに、動物実験ではトリチウムは白血病を誘発する。
玄海原発は全国一トリチウムの放出量が多い。
また、玄海原発での調査・研究はないが、
内外の原発周辺での調査では、トリチウムは
原発周辺の海水、大気、水産物を汚染することから、
玄海原発周辺でも同様であると類推される。

さらに、トリチウムは動物実験では白血病を誘発する傾向がある。

以上のことから玄海町および唐津市における白血病死亡率の上昇は、
玄海原発からのトリチウムの放出が関与していることが強く示唆される。


玄海原発周辺では年齢構成の違いを配慮しても白血病が増加している事は明らか。

詳細は以下をご覧ください。
http://jsa-fukuoka.sakura.ne.jp/shiryo/genpatu%26hakketubyo.pdf


以下はある方からのコメントを転載

トリチウムを桁違いで大量に環境に放出するカナダの重水炉の原発では、
周囲の住民に奇形が多く生まれることで住民に恐怖を与えています。
そこでは、市民の関与により、トリチウムの放出基準を20数ベクレル/L 
に規制されました。
日本では実に6万ベクレル/Lです。
しかし、トリチウムは濃度規制と同時に排出総量の方も規制しなければ意味がありません。












nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0