So-net無料ブログ作成

日本政府の人権侵害は甚だしい!

【日本政府の人権侵害は甚だしい!】

~国連人権理事会の提言に対し、
 間違った解釈(確信犯)で反論する日本政府は世界の恥!~

https://www.facebook.com/masaichi.shiozaki/videos/1758098187634506/UzpfSTEwMDAwMjIwOTExNTAyNzoxOTU5MjMwMDA0MTYwNjE4/


「年間1ミリシーベルト以下」は世界の常識
日本政府の懸念は世界の非常識

『国連人権理事会のトゥンジャク特別報告者は、10月25日、福島第一原発の事故の後、
日本政府が避難指示の解除要件の一つにしている「年間20ミリシーベルト以下」という
被ばく線量について、事故の前に安全とされていた「年間1ミリシーベルト以下」に
すべきと述べました。
そのうえで、子どもや出産年齢の女性について、年間1ミリシーベルトを超える地域への
帰還をやめるよう日本政府に要請しました。』(テレ朝ニュース 2018年10月26日より)

----- ----- -------


日本政府は未だに『緊急時被ばく』の線量値
(20mSv/y~100mSv/y)を福島県民に適用。

原発の冷温停止が2011年12月に
民主党政権によって宣言されたので、
現在は『現存被ばく』の線量基準1~20mSv/yの
できるだけ低い基準に設定すべきだ。

既に8年も経過するも、政府は一向に基準見直しをしない。
この基準見直しは原子力規制委員会と内閣府がすべきだが、
見直しを言いだす省庁がない。
福島県庁にもこの基準に関する責任部門は無い。

政府も福島県も無責任極まりない状態が続いている。
福島県民への人権侵害を平然とするアベ腐敗政権。

この基準を東京オリンピック期間も適用するなら、
欧州、特にドイツあたりからはオリンピックボイコットされるだろう・・・
是非そうあって欲しい。
国連人権理事会はオリンピックをボイコットするよう各国に提言して欲しい。

臨時国会でも野党は追及すべきだ。







nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 0