So-net無料ブログ作成

まっとうな政治を取り戻す

【まっとうな政治を取り戻す為に】

今年の参議院選挙は野党共闘が基本。
アベ捏造内閣、アベ晋三を退陣に追い込む事を
最大の目標としてほしい。
共産党との選挙協力なくしてアベ退陣をさせる事は困難?
野党共闘が全て。野党共闘あっての『原発ゼロ法案』。
立憲民主党はじめ野党は国民の期待を裏切らないでほしい。

隠ぺい・改ざん・捏造・不正を正し、国民の前に正しい情報を出させる事、
そして民主主義、三権分立、言論の自由、基本的人権を
アベ狂気政権から取り戻す事が今の野党に課せられた最大の仕事。
情報が正しく国民の前に出す事が民主主義の基本。
政策は次のステップ・・
アベ狂気政権の為に次のステップの政策議論まで行きつかないのが現状の国会。
アベ晋三の為に失ったものがどれほど大きいか考えてみればわかる・・
国会での議論の大半がアベ狂気政権の姿勢追及に費やされている異常。
国民と国が失ったものは極めて大きい。

野党は無責任という人がいるが、
政権を取っている政党と同じ土俵で比較する事はできない。
政権をとればすべての問題の対応が迫られる。
政権とれば、後ろには各省庁(数十万人の役人・官僚)がついている。
野党には正しい情報が官僚から入手できない事が大きい。
官僚から正しい情報が入れば、野党はまっとうな発言もできるだろうが、
まともな情報を出さないアベ捏造内閣では、
野党は無責任発言は控えるしかない。

野党は人員(人材ではない)が少なく、
あらゆる事に手が回らない事も事実。
役人含めて数十万人の与党対2百名程度の野党では
最初から差が付いている。

野党だった自民党は当時(特にアベ晋三は酷かった)は
無責任発言ばかりだった。
これぐらいの事を理解しないと正当な判断はできない。












nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0