So-net無料ブログ作成

自民党は極右カルト集団!

【もはや自民党は極右カルト集団!】
  ~アベ晋三は公害・国難因子~

アベ晋三の顔を見るだけで吐き気を感ずると言う国民が多い。
もはやアベ晋三は公害因子であり、
国難因子なのだ!

秋葉原駅周辺は極右に乗っ取られた異様な状況
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171024/dde/012/010/002000c


アベ晋三の演説の大半は民主党政権時への批判。
原発事故のA級戦犯のアベ晋三に
民主党の原発事故対応を批判する資格など無い。
当時の首相の管さんが日本を救ったのだから・・

自らの悪政、情報隠ぺい、ウソだらけの政治には一切触れず。
アベ晋三及び自民党には呆れる他ない・・・

だだ、ここでも健全な反アベの市民は健在だった。




画像



画像



画像



画像



画像



画像

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

不合理な福島県

福島県の子ども達が起こしている
『子ども脱被ばく裁判』の原告側からの訴えを
ことごとく否定する福島県。

県民の命と財産を守るよりも
組織を守る事に終始している彼らに
理性はあるのだろうか?
以下はたんぽぽ舎からのメルマガの一部を転載。


  --以下記録の為に転載ーー

  福島第一原発事故当時の防災指針は不合理なものである
   原告らの「甲状腺がんの発生件数を明らかにせよ」との要求を
   被告・福島県は改めて拒否
   10月18日第12回子ども脱被ばく裁判口頭弁論
   弁護団長・井戸謙一弁護士の報告


10月18日は、子供脱被ばく裁判第12回口頭弁論期日が開かれました。
1.本日、原告側は、次の準備書面を提出しました。

(1)準備書面40
 ICRPが使う「しきい値」概念を検討し、その主張が政策的判断であること
を明確にし、被告国が確定的影響について100mSvを事実上の「しきい値」である
と主張している目的は、将来のがん発生についての責任回避にあることを基礎づ
けたもの

(2)準備書面41
被告国が合理的であると主張する福島原発事故当時の防災指針は、50mSv以上の
被ばくでようやく住民を避難させるという不合理なものであること。
子供に対する安定ヨウ素剤の投与指標は、1999年WHOのガイドラインに従っ
て甲状腺等価線量10mSvとすべきだったのであり、100mSvと定めていた防災指針は
不合理であったこと。

チェルノブイリ原発事故の際、1000万人の子供、700万人の成人に安定ヨウ素剤
を服用させたポーランドの措置は、小児甲状腺がんが全く発生せず、服用の副作
用もほとんどなかったことから国際的に賞賛されたが、そのポーランドにおける
セシウム137による土壌汚染は、最もひどいところでも37000ベクレル/平方m
であり、福島よりもはるかに軽度であったこと(福島では、放射線管理区域の基
準である4万ベクレル/平方mを超える範囲が広範に広がっています。)。

福島県立医大の関係者には安定ヨウ素剤を服用させながら、それよりもはるか
に高い線量にさらされていた子供たちに服用させなかった福島県知事の措置は、
裁量権の逸脱であること。

神戸の郷地秀夫医師の学会発表によれば、福島県及びその周辺地域からの避難
者や保養者を検査した結果、多くの子供に甲状腺自己抗体の陽性者が認められ
(従来のデータでは、子供の甲状腺自己抗体の陽性者はほとんどなかった)、被
ばくによる自己免疫性疾患の増大が危惧される状況にあること等を主張したもの

(3)準備書面42
被告福島県は、2011年3月30日にオフサイトセンターに学校再開の基準を尋ね
る文書を送付していることから、学校再開を判断するために必要な知識を持って
いなかったことが窺えるが、その被告福島県が、その前日の3月29日に県立学校
の始業式を例年通りに実施する旨の不合理な通知を出しており、これが県内市町
村教育委員が例年どおり、始業式を実施する旨の判断にも影響を与えたと考えら
れること等を主張したもの

(4)準備書面43
福島県立医大では、小児甲状腺がん患者の情報を一元的に管理するためのデー
タベースを作っており、福島県内のほとんどの小児甲状腺がん患者の情報を持っ
ていると考えられること、被告福島県は、その情報を公開する義務があること、
その義務の発生理由として、

イ.小児甲状腺がん患者の情報は福島県の支配領域内にあるところ、福島県は、
県内の子供たちの健康を守るために、この情報を県内の子供たちや保護者たちに
提供すべき作為義務を負うこと、

ロ.国には、福島原発事故の発生の責任者(先行行為の責任者)として、住民
の健康被害調査を行い、その情報を子供たちや保護者に提供する責任があるとこ
ろ、福島県は、国の委託を受けて県民健康調査を実施しているのであるから、そ
の提供責任も引き継いでいると考えるべきこと等を述べたもの
原告側としては、今後、現在の福島で子どもが生活することに健康上のリスク
について専門家の意見書を提出して主張を補充したいと考えています。

2.被告福島県は、県民健康調査において「経過観察」とされた子供たちからの
甲状腺がんの発生件数を明らかにせよとの原告らの要求を改めて拒否しました。
また、被告国は、原告からの「原子力緊急事態宣言」の内容についての求釈明
に対する対応を留保し、次回までに対応を明らかにすると述べました。

3.裁判所は、子供人権裁判については議論が煮詰まってきたとして、当事者に
対し、主張整理案を提示しました。
また、今後、子供人権裁判と親子裁判を最後まで併合して進めるのか、どこか
の時点で分離するのかについて、当事者に意見を求められました。これについて
は、検討したいと思います。いずれにしても、子供人権裁判については、終盤に
入ってきました。

 ※次回の第13回口頭弁論は2018年1月22日(月)、第14回は4月25日(水)です。
  皆様、ご参加ください。









nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

吾妻の秘湯につかる

【吾妻の秘湯につかる】

幹線道路から別れ、
細い山道を走る事15分。
吾妻山の中腹にある幕川温泉に着く。

ここは自然と一体となったた露天風呂がいい。
この日は天候悪く誰も来ない。
露天風呂を一人占め・・・

山肌の紅葉は霧で見えず残念ではあったが・
気温は4℃と肌寒い・・
(10月16日撮影)





画像



画像



画像



画像



画像



画像


















nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

選挙制度の見直しを優先せよ!

【選挙制度の見直しを改憲より優先させよ!】

民主主義の根幹を揺るがす、
民意と大きく乖離した選挙結果がでる
今の小選挙区制度の見直しを
改憲よりも優先させるべき。

是非立憲民主党を中心として野党には、
法案の提出も検討してほしい。
国会で是非議論してほしい。

国民やメディアは改憲よりも、
選挙制度見直しの世論をつくるべきだ。

新しい選挙制度の下で選ばれた
国会議員で改憲の議論をするのが
民主主義というものだろう!

自民党への33%程度の投票数で
60%以上もの当選者を出す今の選挙制度が
民主主義と言えるものではない・・・



小生は某党へメール入れ、
NHKにもこの問題の特番をやって欲しいと要請した。
小党やメディアがこの問題を取り上げてくれれば、
国会でも議論せざるを得なくなる。
国民や市民の立場でもやれる事はある。
世論をどう喚起するかを考えて実行するしかない。
新聞への投書もいい。

選挙制度は民主主義の根幹である事を
国民が忘れているのでしょうか???
投票率が上がらないのもこの選挙制度が要因の一つだ・・・















nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

福島を直視しているのか?

東京九段の科学技術館で開催されたRADIEXの
シンポジウムにおいて、国、東電は
プール内に保管されている使用済み燃料の取り出しを三年間延期。
溶け落ちた燃料デブリ(固まり)の取り出しに至っては、
その方法の決定すら一年先延ばすとした。

デプリの実態すら把握できていない中で
廃炉が予定通り実施できる目途は立っていない。


アベ晋三の福島での第1声では
原発にはまったく触れていない。
放射能汚染の文字もない。
原発事故が無かったかのような
賠償・補償を打ちきり、帰還せよとの圧力をかけ
正に『忘却』を求める政策を推進中だ。
福島県民を切り捨て、愚弄するのも甚だしい。

原発事故前から、そして原発事故後も、
国と東京電力は重大な事実を隠蔽し、
誤魔化し、嘘をつき通してきた。

アベ晋三は原発事故のA級戦犯でありながら
何の反省もない。
あるのはいつもの「自分に都合の良い、
つぎはぎだらけのウソと隠ぺいと独善」だけ。
アベ晋三は福島を直視しているのか!?

 以下は東京新聞(2017年10月19日付け)の社説だ。

衆院選公示直前の今月四日、原子力規制委員会は、東京電力柏崎刈羽原発が、
3・11後の新基準に「適合」すると判断し、福島の事故を起こした東電に、
原発を運転する「適格性」があると認めた。

九月末、国と東電は廃炉への工程表を改定し、福島第一原発1、2号機のプール内に
保管されている使用済み燃料の取り出しを三年間、延期した。
メルトダウン(炉心溶融)で溶け落ちた燃料デブリ(固まり)の取り出しに至っては、
その方法の決定すら一年先延ばしになった。

公示の当日、福島地裁は、原発事故でふるさとを追われた福島県住民らの訴えを認め、
国と東電に賠償を命じる判決を言い渡した。
被害者への賠償が不十分との司法判断だ。

事故処理の費用は総額二十二兆円に上ると見積もられ、さらに増大する見込みという。
そのツケは国民にも回される。
福島県からの避難者は、いまだ五万人以上に上る。
後始末の道のりは遠く険しい。

これだけを見ても、東電のどこに「適格性」があるのだろうか。
廃炉や賠償の進展を上回るスピードで、福島の風化が進んでいるのではないか。
危険である。

3・11以降、各種世論調査では、原発依存からの脱却を求める声が常に過半数を占めている。
福島を、原発をどうするか-。
世界が、風力やバイオマスといった再生可能エネルギーへの切り替えを
加速させていることなども考え合わせ、今回の選挙でも当然、重要な争点にされるべきである。

自民党は原発維持、野党のほとんどが将来、または即座に原発ゼロ、与党の公明党も、
将来的には原発ゼロ。維持かゼロかの対立軸は明らかにされている。
にもかかわらず、首相は公示後の第一声を福島で上げながら「原発推進」を語らなかった。
立地地域での議論も低調だ。これはおかしい。

原発維持派には、原発の安全確保や、万一の事故の備えに国としてどのように関与していくか、
脱依存派には、代替エネルギーの普及策、立地地域の振興策など、核のごみをどうするか。
双方に聞きたいことは山ほどある。フクシマの現状を直視して、具体的に語るべきだ。

今フクシマに正しく向き合わないと、私たちの未来は、それこそ危険にさらされる。 












nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

福島県民はアベ晋三・自民党が大嫌い!

【福島県民はアベ晋三・自民党が大嫌い!】

読売新聞と福島民友(読売系)の調査でもこの結果・・・
男性の6割はアベ政権・自民党が嫌い!?
男女別では、男性が支持30%(前回38%)に対して
不支持60%(同46%)、

女性は支持30%(同36%)に対して
不支持51%(同38%)となり、

男女とも不支持が支持を上回った。

福島県民切り捨てを加速するアベ晋三自民党に
福島県民の怒りが爆発しているからだろう・・・
そして、国民の大多数の反対を押し切って
原発再稼働に邁進するアベ晋三に
福島県民の心情を理解できない
アベ晋三と自民党に怒り爆発!

詳細は以下ご覧ください。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00010010-minyu-l07












nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

吾妻の紅葉真っ盛り

【吾妻の紅葉真っ盛り】

久しぶりに青空が・・・
17日の午後吾妻スカイラインに出かけた。
西側の山肌は既に日蔭になって
その紅葉の冴えも色あせてしまっていた。

南側斜面は太陽の光がまだ残っていた。
そこをパチリ・・・

写真撮るなら午前中がいい・・
午前中は雲海も見えたという・・・

遠く磐梯山や猪苗代湖も見える・・


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像












nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

最高裁裁判官は全員に×を!

【最高裁裁判官の国民審査では全員に×を!】

最近の司法は三権分立から乖離し、
政権を忖度する不公平な判例が目立つ!
こんな裁判官は全員×にしよう・・・

今回の国民審査に付される最高裁裁判官は、下記の7人。
その全てが、安倍内閣の任命によるものである。

 大谷直人(おおたに なおと)裁判官出身(最高裁事務総長)
 木澤克之(きざわ かつゆき)弁護士出身
  山口 厚(やまぐち あつし)学者・弁護士出身
 林 景一(はやし けいいち)行政官出身(外交官)
 小池 裕(こいけ ひろし)裁判官出身(東京高裁長官)
 菅野博之(かんの ひろゆき)裁判官出身(大阪高裁長官)
 戸倉三郎(とくら さぶろう)裁判官出身(最高裁事務総長)

結論から言えば、素晴らしい裁判官は一人もいない。
気骨のある人物も見あたらない。
比較的リベラルと評価すべき者もない。
毎回何人かは、×とすることを躊躇させる裁判官がいるものだが、
今回に限っては見あたらない。
遠慮なく全員に×をつけてしかるべきだろう。

権力に対するチェック機能の弱い裁判所の姿勢への総体的な批判として、
全裁判官に×をつけての投票をしたい。

中で経歴や任命方法に大きな問題あるのが、以下。
※2016年7月任命された木澤克之氏は、
2013年「加計学園監事」に就任していた人物。

詳細は以下ご覧ください。
http://article9.jp/wordpress/?p=9316












nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

盛り上がる立憲民主党

【盛り上がる立憲民主党】

14日に、新宿の立憲民主党大作戦・枝野ゆきお街宣の様子。
今回の総選挙では原発政策を投票選択の参考としたい。
原発ゼロ基本法の策定まで踏み込まなければ
原発は無くならない・・・
そういった意味では立憲民主党の政策がいい。

言葉だけに騙されてはならない。
どう実現するかのプロセスが大事・・・
自民党、公明党及び日本のこころは論外!

民衆を避け、福島市郊外の民家のない
クマがでる田んぼのど真ん中で、
周辺に棲むクマやタヌキ等の獣と
せいぜい150名の自民党党員や
支持者たちの前で第1声のアベ晋三とは雲泥の差!

これが市民の力だ!
誰一人として野次を飛ばす人もいない!
正にこれが民主主義だ!
アベ晋三の排他主義、
ウソつきとは訳が違う!


https://youtu.be/acLyYcVvu-I















nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

各党の原発政策

今回の総選挙では原発政策を
投票選択の参考としたい。

原発ゼロ基本法の策定まで踏み込まなければ
原発は無くならない・・・
そういった意味では立憲民主党の政策がいい。

言葉だけに騙されてはならない
どう実現するかのプロセスが大事・・・
自民党、公明党及び日本のこころは論外!

以下はたんぽぽ舎からのメルマガの一部を掲載


【野党の原発政策一覧】
 

○希望の党
 「2030年までに原発ゼロ」を目指します。徹底した省エネで、エコ社会に変え
ていきます。
 参照元[ https://kibounotou.jp/pdf/policy.pdf ]

○共産党
 原発の再稼働反対。原発ゼロの日本、再生可能エネルギー先進国をめざします
 参照元[ http://www.jcp.or.jp/web_policy/2017senkyo-seisaku.html ]

○立憲民主党
 原発ゼロを一日も早く実現するための「原発ゼロ基本法」策定
 参照元[ http://cdp-japan.jp/yakusoku/02/ ]

○日本維新の会
 ・先進国をリードする脱原発依存体制の構築
 ・原子力損害賠償制度の確立
 ・原発稼働にかかわる都道府県の同意を法制化
 参照元[ https://mainichi.jp/articles/20171002/org/00m/010/006000c ]

○社民党
 【原発ゼロ】原発の新増設はすべて白紙撤回。既存原発の再稼働に反対
 参照元[ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21937710V01C17A0PP8000/ ]

○日本のこころ
 既存原発の再稼働を進める
 参照元[ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22051790Q7A011C1EB1000/ ]










nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

青春とは・・・

山形大学工学部に行ってきた。
学園祭(吾妻祭)中の公開される研究室を覗いてくるのが目的・・・

有機EL、有機太陽電池(小型化が可能)等に興味をもった。
各家庭にソーラーパネルと有機太陽電池があれば
電気は自給でき、もはや原発など必要なくなる・・・
もうすぐ、実現できる段階にあるのに
日本政府・自民党はいまだに原発再稼働と叫んでいる・・
科学技術の革新を無視しつづけ、
既得権にすがみつく2周遅れの業者とそれに癒着する自民党
もはや、この腐った連合体に未来はない・・・

この技術革新の実現性をアナウンスすれば
原発は過去の技術として
見向きもされなくなるだろう・・・


山形大学工学部の構内には
サミュエル・ウルマンの
『青春とは』という詩が刻まれた歌碑がある。

『 青春とは人生のある期間ではなく、
心の持ち方を言う』『年を重ねるだけで人は老いない』

『60歳であろうと 16歳であろうと人の胸には 
驚異に魅かれた心 
おさな鬼のような未知への探求心、
人生への興味の歓喜がある』

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2007-10-26
この詩に勇気をもらう・・・


画像



画像



画像



画像



















nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

生業裁判勝訴!

【生業裁判勝訴!】(一部勝訴)

昨日の福島地裁の判決は
比較的真っ当な判決と言える。
2002年に出した地震調査委員会の『長期評価』は信頼でき、
この指針に基づいていれば津波の被害は回避できた
可能性があるとして国と東電の責任を断罪した。
いろいろな異論はあるが、
これをもとに『長期評価』が否定できるものではない。
通産大臣は行政命令を出すべきだった。ときっぱり!

放射能のリスクについては
線量値や健康リスクを超えた
平穏な生活ができる事を保障し、
県南地区への賠償も認めた。

中通地区は国の中間指針を超えた
賠償額を支払えとしているが、
その賠償額は微々たるもの。

その金額算出根拠も明示されていず、
国の中間指針を意識した判決。

原状回復はできないとして訴えを却下。
少なくとも国に対し除染等の推進で
線量低減に努力すべきとの判決が欲しかった。

いずれにしても原告側の主張はほぼ認められた。
判決が見て、うれしさ?で涙がでてきた・・・




画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像














nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

呆れるアベ晋三の醜態!

【呆れるアベ晋三の醜態!】


 酷いもんだ!
一国の総理たるものが、批判を恐れ、
民衆から隠れるように
福島市郊外の吾妻山のふもと、
クマが出没するという民家の無い
田んぼのど真ん中で第1声とは・・・
呆れる他ない。

自民党福島県連に演説場所を聴いても、
詳細場所を明らかにしない。
ようやく現場にたどり着いた。

メディア関係者30~40人と
30~40人はいたであろう私服と制服の警察。
厳しい規制に閉口。
一部の自民党党員や支持者(150人程度?)だけを前に
第一声を発するアベ晋三の醜態!・・
『お前が国難!』は当たっている。

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2017-09-30

駐車場も無く、
アベ晋三一行の車6~7台が路駐中は道路を封鎖。
迷惑な話だ!

アベ晋三に握手しながら『ウソ付かないように!』と
言ってやった事は本日の収穫。
アベ晋三は『ハイ』と・・・





画像



画像



画像



画像



画像

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

小浜の紋付祭り

【小浜の紋付祭り】

旧岩代町・小浜に天明の飢餓の村内復興の為、
始まったのもで250年間つづく・・・


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像














nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

紅葉の磐梯吾妻スカイライン

紅葉の磐梯吾妻スカイライン】

昨日吾妻山(一切経山)に初冠雪・・・
既に雪は消えていたが、
浄土平の紅葉は真っ盛り・・・
年老いた母を連れて・・・

来週は一切経山に登りたい・・・



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

生業裁判の判決は?

【生業裁判の判決は?】

原発事故に伴う裁判は全国で31件、1万2000人の原告。
10月10日には、全国最大の原発訴訟『生業裁判』に判決が下される。
ふるさとが帰還困難区域となった人、
県外に自主避難した人など、
立場を越えて団結した
主に福島県内のおよそ4000人の原告が、
国や東京電力の“責任”を問う注目の裁判。

最大の争点は「巨大な津波を予見し、
事故を防げたかどうか」。

東日本大震災より以前に、
巨大津波と原発への影響について調べた
“新たな資料”も見つかっている。

裁判が社会に問いかけるものとは何か・・・・??
『誰一人責任を取らない。本当に私たちをばかにしている』

その責任を明確にする為の闘いが、
これからも高裁でも続くが、負ける訳にはいかない・・



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像








nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

福島県民はアベ晋三がきらい!

【福島県民はアベ晋三と自民党がきらい!】

~10月2日付け福島民報の記事から~

福島民報社等の福島県民の世論調査結果によると
安倍政権の不支持率は54,4%で
支持率27.8%(全国では40.6%)の2倍。

福島県民への棄民政策、原発推進、
ウソだらけのアベ晋三に
県民の我慢は限界!


『首相こそ国難』は以下ご覧ください。




比例代表での投票先は希望が30.6%で
自民の23.8%を大きく引き離している。




画像



画像



画像











nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域