So-net無料ブログ作成

選挙総括

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を転載

 選挙総括
  今回の低い投票率でも全選挙区で野党共闘が実施されたら、与野党ほぼ拮抗。
 

1.マスコミ総括から
  小池希望新党。民進党内部分裂。立憲民主党立ち上げ。
  野党分裂に果たしたマスコミの功罪。(主として罪)
  小池希望新党の過大評価。
  一日にして逆キャンペーン(安倍政権の意図と軌を一にする)

2.安倍政権がいいと言う人は少なかった。野党分裂の敵失で自民は勝てた。
  北朝鮮のおかげ(自民党議員の多くの感想)

3.選挙後の世論調査1.(23日,24日朝日新聞)
  与党の議席数が「ちょうどいい32%」「多すぎる51%」
  安倍政権が評価されたか「そう思う26%」「そう思わない65%」
  安倍政権の進める政策に「期待する29%」「不安に思う54%」
  自民党の9条を変え、自衛隊明記に「賛成36%、反対45%」
  選挙後の世論調査2.(同時期読売新聞)
  「野党がもっと議席を取った方が良かった47%、ちょうど良い38%」

○結論 「国民は安倍政権の継続を望んでいない」
   「自民党議員も安倍政権が飽きられていることを知っている」 

4.得票率から分析
  戦後二番目に低い投票率 53,6%。
  民主党が勝った2009年衆議院選挙では投票率69%。
  民主、社民、共産は選挙区で3783万票、自公は2808票。

○結論 「投票率高ければ、勝てる確率も高い」
    今回の低い投票率でも全選挙区で野党共闘が実施されたら、
    与野党ほぼ拮抗。

5.希望の党(都民ファースト)が都議選で勝てたのは公明党の支援があったから。
  今回選挙では当選者は民進党出身が多数派(当選者50人のうち39人、8割)になる。
  この民進党出身者は安保法制に反対していた。
  小池踏み絵とは相いれない。
  小池ブームはマスコミに作られたもので、小池ファーストの支持率はもともと低い。
  小池のいう保守二大政党は「幻想」に過ぎない。
  希望の党は第二民進党の色彩が強くなる。

○結論 選挙結果は保守二大政党ではなく、「民主主義立憲派政党」対「保守政党」の構図。
    希望の党がどちらの陣営に与するか。保守政党側は充分な数いるので、満杯。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域