So-net無料ブログ作成

経産省の大うそ

以下はたんぽぽ舎のメルマガの一部を掲載

「核燃料はリサイクルできる」という神話を
   信じるふりの経産省大嘘つき!
 

去る11月24日の院内ヒアリング集会「核燃料サイクル、日米原子力協定、
エネルギー基本計画」で経産省(資源エネルギー庁)の「核燃料サイクル推進」
方針を確認した。
が、それらの実現性については、ほとんどまともに答えられなかった。

日本は、未照射プルトニウムを約47トン(国内に10.8トン)保有しているばか
りか、六ヶ所村と全国の原発立地に使用済み核燃料が約18000トンあり、
使用済み燃料中にもプルトニウムが約163トンある。すべて、長年の原発稼働と
再処理の核ゴミだ。

集会では、核燃料とプルトニウムの現存量、使用済み核燃料の再処理の法的根拠、
再処理についての過去の計画と実績、核燃料サイクルについての現在の計画と実現性、
プルサーマル発電問題、六ヶ所村の再処理について尋ねた。

経産省は、事業者に使用済み核燃料の再処理を強制し、プルサーマル発電を
推進している、使用済みMOX燃料も再処理する、と回答した。
ところが、核燃料サイクルの計画と実現とのかい離、再処理工場の当初計画と
20回以上の延期を認めながら、今後の見通しや実現性については何ら明確に
答えられなかった。
もっぱら、六ヶ所村の再処理工場の竣工予定が2018年上期であると強調する
だけだが、日本原燃の申し出でこの再処理施設の規制委審査が中断している。

なお、高浜の1年間のプルサーマル発電によって分離型プルトニウムが48トン
から47トンに減ったが、川内・伊方・高浜の再稼働によって使用済み燃料中のプ
ルトニウムが161トンから163トンに増えていることを認めた。それでも、原発を
稼働するばかりか、未照射プルトニウムを減ずる為に危険で高くつき事業者に
何のメリットもないプルサーマル発電を推進するのだ。

「核燃料サイクル」の破綻については、既に17年も前に高木仁三郎さんが<
「核燃料はリサイクルできる」という神話>を書いている(「原子力神話からの
解放」の第9章、講談社文庫)。
この章の各節のタイトル<「絶望的なプルサーマル・MOX計画」、「言葉だけの
リサイクル計画」、「リサイクルで放射能が増える!」、
「再処理工場の周辺で増えている小児白血病」、「プルサーマル計画の実態は
プルトニウム焼却計画」、「使用済み燃料をリサイクル燃料と呼ぶ愚」が
今でも全くそのとおりであるにも拘らず、経産省はこの神話を信じているふ
りをしている。

「核燃料サイクル」に固執しながらの原発再稼働とプルサーマル発電を止めね
ばならない。

 院内ヒアリング集会の動画は次で見られる。
     https://www.youtube.com/watch?v=Of5E2zdkZic
                 (20171124 UPLAN)









nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:地域