So-net無料ブログ作成

東電の犯罪は明らか!

【東電の犯罪は明らか!】

対策進まず「不満だった」=津波担当の社員、
東電公判-東京地裁6/20(水)19:12配信「時事通信」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000114-jij-soci


東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された
旧経営陣3人の公判が20日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。
津波対策を担当していた同社の社員が出廷し、
事故前に必要と考えていた対策が進まず、
「フラストレーションがたまった」と証言した。

東電は2008年3月、政府機関の「長期評価」に基づき、
原発に最大15.7メートルの津波が到達すると試算。
この社員は、これまでに証人出廷した別の社員同様、
元副社長武藤栄被告(67)が「研究を続ける」などと、
試算を前提とする津波対策を保留にしたと証言した。

長期評価については、「権威ある研究者の見解で、原発の安全評価に
取り入れるべきだと思った」と強調。
試算は原発の敷地高(海抜約10メートル)を超えるもので、
「対策工事は必要だった」と繰り返した。

武藤元副社長が対策を保留してからも関係部署で検討は続いたが、
事故まで対策はほぼ進まなかったという。
社員は「それなりの規模の津波が予想されたのに、
なぜ早く進まないのかと思った」と振り返った。










nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

二本松市議会の無知と恥

【二本松市議会の無知と恥!】

二本松市民からのモニタリングポスト撤去反対の請願書を
『時期尚早』との理由で市議会の常任委員会が
共産党議員だけが反対するなか不採択にしたという。
まったくその理由が理解できない。

線量が十分下がっていない、
仮設焼却炉の建設、
汚染土の農道への再利用の実証試験、
緊急事態宣言が発令中、
廃炉作業中の事故等考慮すれば、
モニタリングポストの撤去こそが『時期尚早』とすべきもの。

二本松市議会は無知と言わざるを得ない。
論理破綻している。
これでは全国民から二本松議会は軽蔑されるし
二本松の恥で市民としても恥ずかしい!

市民に寄り添うべき議会の市民への裏切り行為。
観光にも影響でてくると某会派の幹事長には伝え、
再議論するようにメールを入れた。

どれほど二本松議会の議員達は無知なのだろう!
呆れるほかない!
26日の本会議前に二本松市議会議員たち全員にTEL攻勢を!


『腐り切った規制庁』は以下ご覧ください。
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2018-06-21










nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域