So-net無料ブログ作成

経産省寄生庁

【原子力規制庁はやはり経産省寄生庁だった!】
  ~原子力規制庁の独立性は崩れた!~

原子力規制庁が東海第二原発の20年間延長を認めたのは
経産省が『日本原電を潰さない』といった事への忖度(繋がっていた!)
だった事がEテレの報道で明らかになった。

最も古く、周辺には核燃料工場等12か所の
原子力関連施設があり
事故発生時には複合災害の可能性大で最も危険と言われ、
30km圏内には96万人が住む東海第二原発。

難燃性ケーブルへの交換は半分
残りは防災シートで追う事で審査に合格
ケーブルを伝って建屋全体に燃え広がり
原発をコントロールできなくなる危険性

工事費用1800億円は東電や東北電力などが支援
すべて国民の電気料金だ・・・

これを20年延長を認めるとい規制委員会は誰の為に仕事しているのか!
規制庁(寄生庁)と日本原電はいらない。

関東・甲信越・東北南部の3500万人の命が危ない!
再稼働を許してはいけない。
子どもや孫達の命を守る為にもジジ・ババがもっと大きな声を上げよう!
(声を上げない事は罪!)


画像



画像



画像



画像



画像



画像












nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域