So-net無料ブログ作成

『原発安全神話』から『放射線安全神話』へ

【原発安全神話』から『放射線安全神話』へ】

原発の安全神話が崩壊した今、
文科省は小・中・高校生向けに『放射線安全神話』を
叩き込む為に『放射線副読本』を改悪!

2014年版と今回改悪した2018年版を比較したものが以下
(福島大学の某准教授が作成したパワーポイントの一部)



画像



画像




教育委員会が国の放射線副読本を回収した例。
滋賀県野洲市の教育委員会にはエールを送りましょう。
原発事故より「安全性ばかり強調」
国の放射線副読本を野洲市教委回収

文部科学省が全国の小中学校と高校に昨年配布した「放射線副読本」の
最新版について、滋賀県の野洲市教育委員会が、福島第一原発事故の
被災者の心情に配慮せず、安全性を強調していることを問題視し、回収を
進めていることが分かった。
改訂前に比べ、原発事故の記述よりも日常生活で受ける放射線量などの
説明を優先した内容に、福島県からの避難者が憤りを表しているほか、
専門家も「放射線被ばくのリスクは大したことがないと思わせる印象
操作だ」と批判している。(後略) (4月25日「京都新聞」より抜粋)




以下のブログもご覧ください。
https://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2019-04-30

















nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域