So-net無料ブログ作成

福島県はまっとうな仕事をせよ!

【福島県はまっとうな仕事をせよ!】

復興庁は31日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の避難者数が、
5月14日時点で5万1184人だったと明らかにした。
前回4月9日時点で5万人を下回る約4万8千人になったと発表していたが、
福島県が避難者数を精査した結果、実際は約4千人多かったことが判明した。

福島県によると、4月に県内自治体に要請した実態調査で、
南相馬市がこれまで「不明」だった親族や知人宅などへの
避難者数を2730人と報告したことが主な増加要因としている。


福島県は避難者の数を集計するにあたって、
県内は災害対策課が県内各市町村から上がった人数を
何の検証もなく、小学生並みの足し算集計をしているだけ。
県外は避難者支援課が復興庁から得た、
全国の都道府県からあがった避難者の人数を入手している。
その合計人数を避難者の人数として災害対策本部が発表している。

しかしながら避難者の定義を
各市町村、県、復興庁で統一されていない。
福島県避難者支援課と災害対策課に避難者の定義を
各市町村、福島県、復興庁で統一する事と
避難者の支援は県外・県内を問わず避難者支援課で
一元化すべき事を要請した。
現在両課長が検討開始したとの連絡を得た。

福島県には小学生でもできる仕事ではなく、
制度設計をしっかと行う能力を持つべきと提言した。
制度設計を行うのは主幹か課長の仕事。
ここが無能だと今回のような問題が頻発する。
この問題は氷山の一角。
更なる集計見直しが出る事は必至。
またこのデタラメな数字が環境創造センターの
コミュタンで展示されている。
正確な人数が確定するまで、展示を引き上げるように
環境創造センターの企画要部長に要請した。
この問題は1月に指摘していたが、
一向に調査もせずに放置していたもの。
あまりにもお粗末な福島県と言わざるを得ない!

避難者が減る事が復興だと勘違いしている。
単なる数合わせの避難者数の低減によって
その数から対象外となった避難者は
行政からの支援も打ち切られる。

国からの福島県への避難者への補助金も減額され
隠れ避難者は完全に支援を打ち切られる。
福島県の避難者者支援課は
避難者打ち切り課と名称を変えたらどうか!


以下項目を福島県にお願いした。
1.避難者の定義を市町村、県、復興庁(各都道府県)で統一する事
2.県内外の避難者支援を避難者支援課に一元化する事
  (少なくとも集計は)
3.コミュタンの展示は正確な人数確定するまで展示物を引き上げる事
4.避難者数公表に当たって、避難者の定義も公表する事
5.実際に帰還した人数も公表する事
6.帰還人数と避難者数から漏れている人(隠れ避難者)の実態も公表する事(移住者扱い??)












nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

文科省に『放射線副読本』の回収要請

文科省が昨年11月に1450万部、総額1億7900万円を使用し
小学生から高校生まで配布した放射線副読本
内容は風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略を
前面に押し出したもので原発事故の反省姿の部分は削除。
『原発の安全神話』が崩壊した今
今度は子ども達へ『放射線の安全神話」を刷り込み始めた。

文科省に以下のメールを送付した。



文科省初等中等教育局教育課程課
望月課長殿
橋本専門官殿
課内関係者各位殿


文科省が昨年11月に改定(改悪)された放射線副読本の内容について市民や学者から
多くの批判がでています。初めは、『放射線副読本』ですから、放射線のことが説明されて
いると思い込み、目を通したところ、いじめや復興の記述があり、全体の構成が不可解で
違和感が残りました。又滋賀県野洲市では放射線副読本の回収を決定しました。

何故いわれないいじめの問題が発生したか?はそもそも誰が原因を作ったのか?
いじめの加害者は子ども達であり、悪いのはいじめる子どもであるとの印象が強く、
原因を作った国・東電の反省がすっぽりと抜けています。

そして風評被害とかたずける事は国と東電の加害者を消費者に転嫁する都合の良い言葉です。
更に、初期被ばくには一切ふれず、内部被ばく検査結果で健康に影響のないレベルと(14P)
言い切っていますが、これではヨウ素による初期被曝した子ども達(甲状腺がんに罹患した
子ども達も)や家族は救われません。

全体的に復興を進み、原発事故は過去のものであり、放射線安全神話を子ども達に刷り込む
印象操作をしている悪質な副読本であると言えます。
しっかしと国・東電の責任を子ども達に伝えるとともに、いわれなき被ばくをさせる事に対し
子ども達への謝罪と反省も追記すべきです。

又原発事故の加害者責任にまったくふれず、原発事故の悲惨さにも蓋をしてしまったいる事に、
被災者としても違和感を覚えますし、子ども達への教育として果たして正しい事なのか?
アベ晋三が「過去も現在も未来も放射線の健康影響は無い」と言い切ってしまった事によって、
東京五輪までに原発事故が無かった事にしたい政権によって、子ども達までもが不都合な真実
を知る事ができなくなってきた事に、大きな危機感を感じます。

福島県の國井博指導主事が協力者として掲載されておりますが、どのような協力をしたのか、
そして今回の改定(改悪)の趣旨・目的は何だったのかも教えていただきたくお願いいたします。
福島県の教育委員会の指導主事や鈴木元さんが協力者となっていながら、このような改悪を
してしまった事は非常に残念です。

1450万部も印刷し、『原発の安全神話』が崩壊した後には、子ども達に『放射能の安全神話』を
すり込むやり方は国家的犯罪ではないかと思えるほどです。
このような改悪された放射線副読本を一旦小・中・高校から回収すべきと考えます。

以下はこの副読本に関する評価記事や意見です。(他にもあり)

1.改定(改悪)した放射線副読本についての問題点を2014年版との比較してくれた福島大学
  準教授の後藤忍さんのパワーポイントを入手しました。(福島市での講演も聞いてきました)
  本人のご了解を得ましたので、公開致します。(添付)
  内容分析のまとめは42と43ページに記載されています。

2.滋賀県野洲市の回収に関する記事は以下ご覧ください。
  原発事故より「安全性ばかり強調」
  国の放射線副読本を野洲市教委回収

  文部科学省が全国の小中学校と高校に昨年配布した「放射線副読本」の
  最新版について、滋賀県の野洲市教育委員会が、福島第一原発事故の
  被災者の心情に配慮せず、安全性を強調していることを問題視し、回収を
  進めていることが分かった。
  改訂前に比べ、原発事故の記述よりも日常生活で受ける放射線量などの
  説明を優先した内容に、福島県からの避難者が憤りを表しているほか、
  専門家も「放射線被ばくのリスクは大したことがないと思わせる印象操作だ」と
  批判している。(後略) (4月25日「京都新聞」より抜粋)
  詳しくはこちらを
  https://s.kyoto-np.jp/top/article/20190425000018

3.「放射線のホント」の問題点について市民団体がまとめたものが以下
  政府が作成した「放射能のホント」は間違いだらけです。放射能被害を小さく見せようと
  する意図がありありで、子ども達への教育資料としては適当ではないと考えます。

  放射線被ばくを学習する会が作成した以下をご覧ください。
  http://anti-hibaku.cocolog-nifty.com/Hopnto_haikann/HontoVer3-2-comp.pdf

4.全体的に復興を進み、原発事故は過去のものであり、放射線安全神話を子ども達に刷り込む
  印象操作をしている悪質な副読本であると言えます。
  しっかしと国・東電の責任を子ども達に伝えるとともに、いわれなき被ばくをさせる事に対し
  子ども達への謝罪と反省も追記すべきです。

5.何故いわれないいじめの問題が発生したか?はそもそも誰が原因を作ったのか?
  いじめの加害者は子ども達であり、悪いのはいじめる子どもであるとの印象が強く、原因を
  作った国・東電の反省がすっぽりと抜けています。

6.そして風評被害とかたずける事は国と東電の加害者を消費者に転嫁する都合の良い言葉です。
  更に、初期被ばくには一切ふれず、内部被ばく検査結果で健康に影響のないレベルと(14P)言い
  切っていますが、これではヨウ素による初期被曝した子ども達(甲状腺がんに罹患した子ども
  達も)や家族は救われません。

7.LNTや子ども感受性について何故削除したのか?
 放射線の最も基本的な原則(ICRP)をの削除したのか?放射線のいろはを復活させるべきです。

8.EU,米国,コーデックスの値は緊急時の基準値であり,平常時の基準値は低いため,
  比較することは妥当でない。
  米国分は、自国内で事故がおきた場合の緊急被ばく状況に対応するものとなっています。
  日本の基準値は、「平常時の基準」ではなく現存被ばく状況に対応したものとなっています。
 https://ndrecovery.niph.go.jp/qaspot.php?record_id=578

9.例えば、17ページの「食品安全に関する基準」は印象操作と言わざるをえません。
  「日本の基準値は、 他国に比べ厳しい条件の下設定されており、世界で最も厳しいレベルです。
  そして、厚生労働省は、基準値を超える放射性物質を含む食品が市場に出回ることのないように
  厳しく見守っています」 安心のためには、「世界で最も厳しいレベルです」という印象操作のような
  表現ですが、安心を優先させたため、本来、放射線教育で学ぶべき事柄が脚注(以下に引用)になり、
  小さな字で書かれています。

10.いじめの防止には、科学的な知識の獲得とともに、相手のことを慮る気持ちの醸成こそが
  大切であると思います。
  すでに、事故から8年以上が経過し、この副教材の対象者である中学生は事故時の記憶が
  ない世代になりつつあります。
  事故を、そしてその後の経過がどのようなものであったと記述し、伝えていくべきです。
  復興を放射線副読本に取り入れるのであれば、きれいな面を切り取った広告のような記述ではなく、
  復興のために放射線をどのようにして生活の場から減らしたのか、放射線への恐怖を
  どのようにして乗り越えたのかを記述されるべきです。


ご意見・反論を賜れば幸甚です。











nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域